review

松尾スズキの傑作ミュージカル「キレイ」は、ますます悪化する日本の闇を告発する

       
松尾スズキが2000年に発表した初めてのミュージカル「キレイー神様と待ち合わせした女」が、2005年の再演以来10年ぶりに再々演されている。

14年前の作品にもかかわらず色あせるどころか、今のほうがより強烈に響いてくる内容であるが、そこにあぐらをかかず、書き換えられた部分もいくつか。そのため、初見のヒトは、こってり濃厚ラーメンを味わうように楽しめるし、何度も見ているヒトは、変わらない味も残しつつ、14年経っても柔軟な店主の健在を大いに喜ぶだろう。

物語の舞台は、過去でも未来でもないパラレルな日本。
100年間に渡って3つの国に分かれた民族紛争が続く中、民族解放軍を名乗るグループが、少女(多部未華子)を誘拐、監禁していた。
10年もの地下生活の後、少女はついに地上に脱出。過去の記憶を失い、自らを「ケガレ」と名付けた少女が新天地で出会ったのは、ダイズでできているダイズ兵・ダイズ丸(阿部サダヲ)、その死体回収業で生計を立てるカネコキネコ(皆川猿時)とその息子で、頭は弱いが枯れ木に花を咲かせる能力を持つ少年ハリコナ(小池徹平)、ダイズ加工会社・ダイダイ食品の社長令嬢カスミ(田畑智子)たちだった。
強烈にクセのある彼らにもまれながら、ケガレは小銭を拾って「いじましく」したたかに生きてゆく。その様子を見つめるひとりの女(松雪泰子)、それはケガレの成人した姿であるミソギだった。ミソギの存在によって、物語は多層化し、ミステリアスな様相を呈していく。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。