review

馬と仲よくなれる馬語の教科書『馬語手帖』

馬と仲よくなれる馬語の教科書『馬語手帖』
『馬語手帖―ウマと話そう』河田桟/カディブックス
3年近く前に出た本だけど、最近知った。河田桟の『馬語手帖 ウマと話そう』(カディブックス、2012年)という本。この文を書いている2014年12月現在、Amazonでは在庫切れでマーケットプレイスでは法外に高い値がついているけど、版元サイトでは本体1,200でちゃんと買えます。
巻末の著者紹介文を読むと、こう書いてあった。
〈河田桟 かわた・さん
ライター・インタビュア・編集者。書評・インタビュー等を中心に執筆・編集を行ってきた。2009年、馬と暮らすために与那国島に移住〉。

与那国といえば、沖縄は八重山列島にある、日本最西端の島だ。
頭数がメチャクチャ少ないので有名な、在来種で天然記念物の、あの与那国馬がいるところじゃないか。
与那国馬と暮らすために移住したのかこの人。まずそれがすごい!
この本はまず、著者自身が描いているイラストがいちいちかわいい。
まあとにかく、 これとかこれとかを見てくれ。
馬という生きものをよく見ている。馬がちゃんと馬々しく描かれている。
表紙画像の馬を見て、馬にしてはずいぶん体高低いな、と感じられるかたも多いだろう。与那国馬は小柄なポニー系なのだ。
馬といってもいろいろある。北海道・帯広のローカル競技として有名な輓曳(ばんえい)競馬(重い橇を曳いて競走する)に出る馬だと、体長は与那国馬の1.5倍からどうかすると倍くらいあるのです。

馬というのはずいぶん賢い生きものだ。僕ら人間との間に、意志の疎通はちゃんと可能だ。

あわせて読みたい

  • ヒロインに調教されたり、鞭打たれたり! JRAのWEBゲーム「ウマドンナ」ってどんなゲーム?

    ヒロインに調教されたり、鞭打たれたり! JRAのWEBゲーム「ウマドンナ」ってどんなゲーム?

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年12月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース