review

「紅白歌合戦」の見どころ、五木ひろしを見出したあの作詞家

「紅白歌合戦」の見どころ、五木ひろしを見出したあの作詞家
山口洋子『ヒット曲、スゴイ話 うたう前に読む本』(ネスコ、1990年)<br />山口洋子と、平尾昌晃・猪俣公章・市川昭介という3人の作曲家との各対談を収録。山口と彼らが組んで生まれたヒット曲について、その秘話も続々とあきらかにされている。
いよいよ大晦日である。今夜、NHKで放送される「紅白歌合戦」は、すでにあれこれ告知されているとおり、みどころもたくさんあるようだ。たとえば今回の出場者のうち最多出場回数(47回)を誇る森進一は、「年上の女」という46年前の歌で出場する。なぜそんな古い歌で? と思ったら、「だめよだめだめ」という歌詞が、女性お笑いコンビ・日本エレキテル連合の例のフレーズの流行によって再度注目されたかららしい。

さて、紅白出場回数で森に次ぐのが、今回で44回を数える五木ひろしである。2人は何かと対比されるが、先に売れたのは森であり、五木はブレイクまでに長い下積み生活を送っている。レコード会社も芸名も何度か変えた五木は、1971年、23歳にして現在の芸名で再デビューを果たした。その再起の曲こそ、今回の紅白で歌われる予定の「よこはま・たそがれ」だった。この歌の作詞者は、今年9月に77歳で亡くなった山口洋子である。山口は生前、五木に対し「あたなは歌がうまい。しかしあなたがもし迷ったりなんかしたときは、『よこはま・たそがれ』を思い出して」とよく言っていたという(山口洋子『ヒット曲、スゴイ話』)。それだけに、彼女を追悼するのにこの選曲ほどふさわしいものはないだろう。

■崖っぷちの無名歌手に「闘う男」の姿を見た山口洋子
山口と五木の出会いは1970年にさかのぼる。当時「三谷謙」という芸名で活動していた五木は、大阪の読売テレビの「全日本歌謡選手権」というオーディション番組に出場した。同番組では、プロ・アマ関係なく歌手たちが10週勝ち抜きをめざして競い合い、最後まで残った者にはメジャーデビューが約束されていた。すでに五木はクラブ歌手としてかなりの収入を得ていたが、郷里・福井の放送局のディレクターに勧められ、迷った末に出場を決断する。この番組ではプロ歌手がアマチュアに敗れることも珍しくなく、まさに引退の覚悟を決めての出場だった。

あわせて読みたい

  • 森進一をピンクレディーを紐解く興奮『歌謡曲』

    森進一をピンクレディーを紐解く興奮『歌謡曲』

  • YMOとピンク・レディーの意外な関係

    YMOとピンク・レディーの意外な関係

  • 赤瀬川原平はなぜ贋札をつくったのか

    赤瀬川原平はなぜ贋札をつくったのか

  • TVプロデューサー井原高忠のすごい功績

    TVプロデューサー井原高忠のすごい功績

  • レビューの記事をもっと見る 2014年12月31日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら