review

「モーニング」山岸凉子衝撃の新連載。ジャンヌ・ダルクの聖戦は正しい戦争だったのか

『モーニングNo.4・5』(公式)で山岸凉子新連載がスタートした。
タイトルは『レベレーション─啓示─』
“わたしは解放される 解放される 疑ってはならない 信じています 疑ってはならない 信じて…”
牢獄の扉が開かれる。
“「ジャンヌ・ダルク 今日そなたを処刑する」”
手錠で拘束されたジャンヌが歩く。
“嘘です 嘘です わたしは…信じています”
「魔女よ!」「魔女ジャンヌ!」「火あぶりだ!」と叫ぶ人々。
“では…では “あれ”はなんだったのですか!”
処刑シーンから始まり、回想で、13歳のジャンヌ・ダルク、姉が嫁ぐ祝いのパーティーへ。
つまりこれは、ジャンヌ・ダルクが処刑されるまでの歴史をこれから山岸凉子が描くということでないか。
導入でグッと掴まれる。

処刑台と、少し遠巻きに集まる人々が、少し上空の視点から描かれる淡いカラーの見開きタイトルページ。
ジャンヌ・ダルク×山岸凉子
惹句は、“果たしてこの世に正しい戦争というものはあるのか。”である。
期待せずにはいられない。
第一話のラストで、「“あれ”はなんだったのですか!」の“あれ”であろう現象が描かれ、ジャンヌに特別な能力が有ることが暗示される。

ああ、山岸凉子『日出処の天子』の大ファンなので、なんでもかんでもそう思いたいだけなのかもしれないが、これはある意味で『日出処の天子』の創作上の続編と言っていいのではないか。
何しろ『日出処の天子』の後日談として描かれた

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。