bit

まるでレゴ! 誰でも作れる「ねじブロック」

まるでレゴ! 誰でも作れる「ねじブロック」
動物だったりロボットだったり、想像力次第でバリエーションは無限大!
「今の子どもは、与えられた事しかできない」「自分で何かを作るという事ができない」と言われていますが、本当でしょうか? いつの時代でも“現代っ子”を揶揄する常とう句という気がしないでもないのですが。
もしかして、今の子どもたちの遊び道具が“ゲーム”一辺倒だと思ってません? 例えば私、知人の長男(3歳)にレゴブロックをあげたんです。すると、そのレゴで遊ぶ遊ぶ! 乗り物なのか動物なのか、とにかく幼いなりに色々と組み立てて楽しんでましたよ。大した想像力じゃないですか。

じゃあ、今度はこれをプレゼントしてあげようかしら。「橋本螺子(らし)」(静岡県浜松市)が来春発売を予定しているのは、その名も『ねじブロック』
これ、ねじを自由に組み合わせて卓上サイズの立体物を自作できる玩具キットなんです。

では、その実物を見てみましょう。……なるほど。そこには、ねじを挿す穴が空いていました。しかしフォルムは、何てことないブロック。
この何てことないブロックを、“ジョイント部分”とお考えください。ねじでブロック同士をつなぎ合わせ組み立てることで、動物だったりロボットだったりオブジェだったり何だったりが出来上がるわけです。

さて、この『ねじブロック』商品化の経緯を知りたい。でもその前に、同社が59年の歴史を持つ“ねじの専門商社”だという事実を踏まえなければいけません。
「私は昭和29年生まれの“2代目社長”なんですが、初代である父がこの商売を始めたのは昭和30年です。要するに、ねじは私の遊び道具でした。私は『ねじで育ってきた』と言っても過言ではありません」(同社・橋本秀比呂社長)...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2015年1月20日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース