bit

"どんぐり"がコシのある麺になった! 見た目は蕎麦だが、その味は?

先日、岩手県に行ったとき、ちょっとビックリするアイテムを発見した。その名も「どんぐり麺」。森でよく見かける、あのどんぐりを使った麺だ。そういえば昔、娘に絵本を読んでいたとき、「どんぐりって食べられるの?」と聞かれて、即答できなかったことがあるが、どうやら食べられるらしい。
"どんぐり"がコシのある麺になった! 見た目は蕎麦だが、その味は?
これが「どんぐり麺」(300円税抜/200グラム)だ!

原材料は岩手県の小麦、どんぐり、食塩と非常にシンプル! どんぐりはタンニンと呼ばれる渋み成分を除いたペースト状のものを混ぜ入れてあるそうだ。早速食べてみることに。
"どんぐり"がコシのある麺になった! 見た目は蕎麦だが、その味は?
今回は冷たいままで食べたが、温かいつゆをかけてかけうどんで食べてもOK

見た目は蕎麦にも似た茶色。気になる味だが、木の実を感じる素朴な味わいだ。意識して食べると、ほのかな苦味もある。コシがあり、食べごたえもあるので、個人的にはかなり好みの味。近所で手に入るならリピートしたいくらいだ。
"どんぐり"がコシのある麺になった! 見た目は蕎麦だが、その味は?
麺はアップでみるとこんな感じ

商品を販売している岩泉産業開発に話を聞いてみると、「どんぐり麺」の販売開始は1994年。なんと約20年もの歴史がある商品だった。同社がある岩手県の岩泉町を含む地域は、かつてどんぐりを食べるという食文化があった。どんぐりは体を動かすエネルギー源であるタンパク質や脂質を含み、貯蔵性も高いので、救荒食として食べていた歴史があるのだという。そんな背景をうけ、約20年前に地元の婦人部が「後世にどんぐりの食文化を残そう」と活動をスタート。同社で商品化するに至ったそうだ。

どんぐりを使った商品は“どんぐりシリーズ”として展開しており、「どんぐり麺」のほかにも、ほろ苦さを感じる野趣的な味わいの「どんぐりクッキー」(400円税抜)、もちもち感がウリの「どんぐりパン」(400円税抜)がある。いずれも

あわせて読みたい

  • 「冷たいそば」に七味って珍しいの?

    「冷たいそば」に七味って珍しいの?

  • そば好き必食 食べ方も新しい「りんごそば」

    そば好き必食 食べ方も新しい「りんごそば」

  • 昼は蕎麦屋、夜は寿司屋になる店って!?

    昼は蕎麦屋、夜は寿司屋になる店って!?

  • コネタの記事をもっと見る 2015年1月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース