bit

イチローの移籍決定 マーリンズとはどういうチームか

イチローがマーリンズに移籍との報道があった。しかし、そう言われてもマーリンズがどんなチームか分からない人が大半ではないだろうか。そう思うのにも無理はない。なにしろマーリンズにとって、イチローがチーム初の日本人選手となるのだから。そのため、日本のテレビでも言及されることはかなり少なかった。

そこで、今回はマーリンズとはどういうチームであるかを紹介していきたい。
イチローの移籍決定 マーリンズとはどういうチームか
Miami Marlins 公式Facebookページより

マーリンズはナ・リーグ東地区に所属しており、マイアミにあるマーリンズ・パークを本拠地にしている。このマーリンズ・パークには、変わった仕掛けがある。ホームラン時に電飾などで祝う仕掛けの左中間の巨大なオブジェ(通称"ホームラン・フィーチャー")とバックネットの下にある熱帯魚が入れられた大型水槽だ。
イチローの移籍決定 マーリンズとはどういうチームか
巨大なオブジェ(通称"ホームラン・フィーチャー")
RED GROOMS, Home Run Sculpture, 2011-2012 Red Grooms
mlb.comより

さて、チームとしてはどんな特徴があるだろうか。

■特徴1 オーナーが"糞野郎"
マーリンズの特徴としてよく挙げられるのは、日本でいうとナベツネとでも言うべきか、オーナーがかなり悪名高いという点だ。悪名高いのには理由がある。彼は高額な選手を多く獲得しても、すぐに次々と放出してしまいファンの大きな失望を買う。しかもその一方で、「収益分配制度」という制度を悪用し、自身の私腹を肥やすといういわくつきの人物だ。そんな彼の影響か、ファン離れが進んで観客動員数はワースト2位となっている。

■特徴2 今年は本気?
そんな私腹を肥やすことを考え、金を使いたがらないオーナーであるが、今年は違うのではないかとの見方もできる。というもの、右翼手のレギュラーで昨年HR王を獲得したスタントンと、北米プロスポーツ史上最高額なる総額3億2500万ドルで13年もの長期契約を結んだからだ。過去4年は5チーム中の4位以下に終わったマーリンズだが、スタントン以外にも適材適所に良い補強をしたこともあり、今年はプレーオフ進出も十分に狙える立ち位置だ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク