review

「戦国BASARA」10周年。千利休はなぜ「二重人格の茶人サイキッカー」になったのか

1月29日、様々なジャンルのプロデューサーをゲストに迎えるトークイベント「Producer's Parade」(主催『P』)が、東京・渋谷で開催された。今回のゲストはカプコンのゲーム「戦国BASARA」(以下「BASARA」)シリーズの小林裕幸プロデューサー。

「BASARA」は、今年で10周年を迎える人気シリーズ。小林Pは企画の立ち上げから参加している。
「『売れるゲーム』を作るぞ! という気持ちで作ったのが『BASARA』です」
小林Pが「売れる」ために決めたコンセプトは3つ。

1.戦国時代が舞台


「BASARA」の舞台は戦国時代。有名な武将がこれでもかと出てくる。
「戦国時代は激動の時代。武将の生き様はすごく魅力的で、ドラマチックに描ける」
参加しているスタッフは、ほとんどみんな戦国時代のことを知らなかった。そのため、まず史実を勉強することから始めた。
「かといって、史実そのもののゲームを作るわけじゃない。あくまでもエンタメ。『BASARA』ならではの独自解釈を入れました」

2.誰でも遊べる爽快アクション


売れるためには、幅広い層が遊べるゲームにしなければならない。「BASARA」シリーズのメインターゲットは15〜39歳の男性だが、同年代の女性もサブターゲットにしている。
「アクションゲームの経験がない人でも一騎当千の爽快感が味わえる。原則ボタン1つでクリアできるけど、アクションの楽しさを感じられる設計にしました」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク