review

これは面白い。スマホに最適化した新しい「シムシティ」

『Simcity Buildit』(iOS/Android)は、「シムシティ」シリーズのスマホ向けタイトル。街作りゲームとして長い歴史を持つ「シムシティ」だが、『Simcity Buildit』には大きな変化が起こっている。税率も、線路も、飛行機事故もない。えっ!じゃぁ何が残ってるの?

そもそも初代「シムシティ」が発売されたのは1989年。プレイヤーが「市長」となり、「シム」と呼ばれる市民が住む街を作るシミュレーションゲームだ。

何もない荒野に発電所を建て、道路を引き、住宅地を作る。街の配置によっては公害や渋滞が起こる。所持金を増やそうと税率を上げれば人口が減る。突然地震が発生して街が壊滅状態になる…。

あちらを立てればこちらが立たず。ほとほと困りつつ、やりくりして都市を育てるのがシムシティの醍醐味。困難を乗り切れば、それだけ街も発展してくれるのだ。

『Simcity Buildit』は、この「困難」が激減した。

予算や税率はなくなった。通勤経路を考える必要がない。自然災害も発生しない。初心者の市長に優しくなった。

建物は自由に移動できる。道路の建設は無料だ。「やっぱりこっちに古いアパートを集めて旧市街っぽくしよう」など、思いつきでレイアウトを変えたっていい。

また、これまで住宅はシムが建てていたが、『Simcity Buildit』ではプレイヤーが住宅を建てるようになった。住宅の建設には「資材」が必要になる。

この記事の画像

「これは面白い。スマホに最適化した新しい「シムシティ」」の画像1 「これは面白い。スマホに最適化した新しい「シムシティ」」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク