review

「とと姉ちゃん」とは孤独の物語だったのか。最終回から総括する

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第26週「花山、常子に礼を言う」第156回 10月1日(土)放送より。 
脚本:西田征史 演出:大原拓

朝ドラ「とと姉ちゃん」が10月1日(土)、半年間に渡る全156回の放送を終えた。
最終回の視聴率は21.8%、全話の平均視聴率は22・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、平均視聴率20%をきることがほとんどない好調さだったその内容は、幼い頃、父・とと(西島秀俊)を亡くした主人公・常子(高畑充希)が父の代わり「とと姉ちゃん」となり、母(木村多江)と妹ふたり(相楽樹、杉咲花)から成る家族を守ることを決意。女学校を出たらすぐに就職、戦争をくぐり抜けると雑誌を出版する会社を経営して家計を支え、ふたりの妹を嫁に出し、その家族も共に暮らす家を建てる。

最終回は、雑誌の売り上げが100万部を超え、権威ある賞をもらい、ある種の頂点までのぼりつめた主人公の前に、亡くなった父の幻が現れて、50年近くの奮闘を讃えてくれる。ラストシーンは、昭和が終わる前年の63年(1988年)、60代くらいになっても現役で働き続ける常子の姿だった。
最終週の「とと姉ちゃん」から
イラスト/小西りえこ

156回、毎日レビューしていて「とと姉ちゃん」に感じた大きな問題が、2つあった。
最後のレビューはこの2つについて考えてみたい。

問題1 ヒロインが恋愛や結婚を選択しない


ヒロインが夢(目標)に向かって健気に生きる。その道の途中では障害も進路変更もいろいろ。というパターンは朝ドラの定番。今回、異色だったのは、ヒロインの進路に「恋愛」はあってもその先の「結婚」や「出産」が描かれなかったことだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「とと姉ちゃん」

朝ドラ「とと姉ちゃん」

“父親代わりの長女”ヒロイン、小橋常子を高畑充希が演じる。女ばかりの常子一家が激動の昭和を駆け抜けていく、小さな家族の大きな年代記。共演に、向井理、西島秀俊ら。NHKにて、2016年4月4日〜10月1日放送。

お買いものリンク