石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の金曜ドラマ『アンナチュラル』。ついに今夜が最終回……! ずっと続いてほしいのに……。この感覚と最終回にかけての視聴者の盛り上がりは昨年の『カルテット』のときとよく似ている。

先週放送された第9話は、これまで1話完結のフォーマットで進んできた中で、シリーズ全体の謎だった「赤い金魚」の謎が解き明かされるエピソード。六郎(窪田正孝)がずっと抱えてきた秘密も破裂寸前となる。サブタイトルは「敵の姿」。
今夜最終回「アンナチュラル」連続殺人犯は「不条理な死」そのものだった。どうなる異常殺人犯との決着
イラスト/まつもとりえこ

犯人は26人連続殺人犯!?


中堂系(井浦新)の恋人、糀谷夕希子(橋本真実)を殺した連続殺人犯は、第8話の火災現場から助け出された男・高瀬文人(尾上寛之)だった! 

火災現場の隣で見つかった女性の遺体から「赤い金魚」が見つかり、UDIラボのミコト(石原さとみ)らは彼女の死因を探る。中堂の恋人の死の謎を解き明かし、連続殺人犯を見つけるためだ。しかし、刑事の毛利(大倉孝二)は「赤い金魚」があった遺体の死因がバラバラであり、連続殺人であるとは考えられないと言う。

死因がバラバラなのは当然だった。犯人の高瀬は、アルファベットの26音を埋めるようにそれぞれの頭文字を持つ死因・凶器を選んで若い女性ばかり26人を殺していたのだ! 「犯人は毎回犯行の手口を変えている。殺しを楽しんでいるなら何でもありだ」という中堂の直感は正しかったということになる。「赤い金魚」とは、女性の口腔内に動物用のおもちゃ「おさかなカラーボール」を押し込んだ跡だった。