石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の金曜ドラマ『アンナチュラル』。先週放送された第7話は、平昌五輪の影響で視聴率はふるわなかったが、「ザテレビジョン」の視聴熱ランキングでは堂々の第1位。ファンアートがこれでもかと並ぶツイッターのタイムラインを見ても、視聴者の熱さが伝わってくる。

第7話のタイトルは「殺人遊戯」。とはいえ、松田優作主演の同名映画とは関係ない。テーマは「いじめ」だ。
「アンナチュラル」7話。いじめは「遊び」ではなく「殺人」。きっぱりと石原さとみのメッセージ
イラスト/まつもとりえこ

「殺人者S」による挑戦


「僕は殺人者Sです。橋を渡って違う場所に到達した人間です」
「それは人を殺したからです」

キレキレのフレーズとともに、赤いパプリカで顔を隠した男による謎の動画配信が始まった。ミコト(石原さとみ)にも動画のアドレスが送られてくる。配信していたのは、予備校で働くミコトの弟・秋彦(小笠原海)から紹介された高校生・白井一馬(望月歩)だった。「殺人者S」として「殺人実況生中継!」を行う彼の傍らには「Y」と呼ばれる遺体があった。

「ここでM先生に問題です。Yくんの死因は何でしょう?」

殺人者Sは、ミコトに死因を当てるよう問題を出してきた。もしミコトが答えを間違えたら、もう一人のXを殺すという。制限時間は「10万人」。視聴者数が10万人になるまでに答えを出せというのだ。動画越しにミコトの診断がはじまる。くしくもUDIラボでは「遠隔死亡診断」のガイドラインについて話し合われていたばかりだった。

Yの正体とは、白井のクラスメイトの横山伸也(神尾楓珠)だった。クラスの担任(谷田歩)によると、目立つグループにいる横山と、いつも一人でいる白井に接点はなかったという。