review

令和「水曜日のダウンタウン」新元号を当てるまで平成から脱出できない、ななまがりと「あのランプ」の奇跡

2019年4月1日。日本中が新元号「令和」に沸いたその日、まだ「平成」に取り残されている2人がいた。

その2人とはお笑いコンビ「ななまがり」。『水曜日のダウンタウン』(TBS系列:5月8日放送)の「新元号を当てるまで脱出できない生活」でのことだ。2人は3月31日の夜に連れ去られ、新元号を当てるまで帰れないと告げられる。

目の前には半紙と筆と墨と額縁。部屋は一切の情報が遮断され、辞書すらもない。そんな状況で「令和」を当てるなんて無理では……という不安をひっくり返したのは、番組が用意した絶妙なシステムと、ななまがりの聡明さだった。
DVD『水曜日のダウンタウン 10』「クロちゃん未来と嘘と恋SP」

「丁寧すぎる拉致」で笑いにする


新元号予想生活の前に、2人が連れ去られたシーンに触れておきたい。とにかく丁寧だったのだ。

ななまがりが呼び出されたのは、新宿の吉本興業本社。中庭沿いの廊下を歩く2人に、目出し帽の男たちが立ちふさがる。ワイプの中の浜田雅功が「これ敷地内やからええねんな」と笑う。

笑うのには理由がある。ダメだった場所があるのだ。過去に番組でコロコロチキチキペッパーズ・ナダルを路上で拉致したとき、本物の拉致と疑われて110番通報され、警察が動いたことがある。2018年5月、まさに“ちょうど1年前に”あった出来事だ。

今回、目出し帽の男たちは手荒な真似はしない。怖がる2人に「マスクを着けていただいてもよろしいですか」とアイマスクを差し出し、合意を得たうえで、ななまがりたちに
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク