review

就活は、やはりきちんとコミュニケーションができるかがポイントなのか

就活は、やはりきちんとコミュニケーションができるかがポイントなのか
とうとう始まった2016年卒向け就職活動。一橋大学卒で博報堂に入社し(そして4年で退社し)た著者・中川淳一郎が書く就活本『内定童貞』(星海社新書)が刊行されました。
2015年3月1日。例年より3カ月遅れて、2016年新卒の就職活動がスタートした。就職情報サイトのリクナビ・マイナビはしばらく「つながりづらい状態」、すなわち軽度のサーバーダウン状態にあった。日曜日ということもあり、早くも合同説明会などが行われていたらしい。
……完全に他人事みたいに書いているが、実はまったく他人事ではない。私はいま大学院の修士1年生で、今年は私にとっても就職活動をする時期にあたる。
正直なことをいうと、完全に怯えている。サークルの先輩の話、大学院に進学せず一足先に社会に出た同期や後輩の話、それからネットに流れるたくさんの噂にめちゃくちゃビビっている。
3月1日だけは見ないフリをしてBerryz工房のライブに行ったが、3月2日には心臓をバクバクさせながらリクナビとマイナビのアカウントを作り、プレエントリーをした。たった30分間ほどなのにものすごく頑張った気持ちになってしまった。
Twitter上を「リクナビ」「マイナビ」「就活」で検索すると、私と同じような状態の学生が雨後の筍のように出てくる。ごく一部の超絶優秀な学生を除き、みんなビビっている。

ビビっているときは、心の支えになる本を買いたくなる。そこで中川淳一郎の『内定童貞』(星海社新書)を買った。著者の中川は新卒で博報堂に入社(スゴイ)。それを4年で辞め(スゴイ)、フリーライター&フリー編集者として活動、単著も出している(スゴイ)。前著の...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2015年3月2日のレビュー記事
「就活は、やはりきちんとコミュニケーションができるかがポイントなのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    能力だけの一人親方は組織で活動する企業では不要で邪魔ですからね。一馬力がどんなに頑張っても一馬力です。先人から学び、後輩に教える能力が無ければ将来性は無い。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース