bit

賛否両論の映画「アメリカン・スナイパー」、大ヒットの裏側には女性の支持? 

本国アメリカで社会的大ヒットとなったクリント・イーストウッド監督最新作「アメリカン・スナイパー」が、日本でも2月21日に公開され、土日2日間で興収3億3200万円を突破。邦画と洋画を合わせた今年最高のオープニングという大ヒットスタートを切った。
賛否両論の映画「アメリカン・スナイパー」、大ヒットの裏側には女性の支持? 
主人公クリス・カイルを演じた、ブラッドリー・クーパー。役作りで18キロ増量。リアルな演技でオスカー主演男優賞にノミネート。(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作は、イラク戦争に4度にわたって遠征、アメリカ軍史上最多160人以上を射殺した伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生を描いた物語。本国ではヒーローとして称えられるも、一方イラクの反政府武装勢力からは「ラマディの悪魔」として18万ドルの懸賞金をかけられ、戦争に行く度に彼の心は蝕まれてゆく。

記録的ヒットを飛ばす「アメリカン・スナイパー」、その理由は


劇中では、迫力ある戦闘シーンばかりではない。任務を終えて、ひとりの夫・父親として愛する妻と子供の元へ戻ってきても、クリスの心は戦地に残されたまま。どこか虚ろで家族と寄り添うことができない、そんな“ヒーローではない”ひとりの人間としての苦悩や葛藤も克明に描かれている。

アメリカでは3月4日時点で3億3100万ドル(!)という驚異の興行成績を記録、クリント・イーストウッド監督史上最大のヒット作となった。また、これまで17年間破られなかった戦争映画ナンバーワン作「プライベート・ライアン」をも抜き、次々と新記録を打ち立てているのである。

こんな大ヒットの理由には、「これまで戦争映画を見に映画館に足を運びに来たことのない女性客が多くつめかけている」のもひとつだと、配給元のワーナー・ブラザース映画は分析する。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク