review

谷崎潤一郎『春琴抄』の語り手は春琴の“萌え豚”なのか。3人の谷崎賞作家×でんぱ組.inc夢眠ねむ

「『春琴抄』の語り手は春琴に萌えている。“萌え豚”なんですよ」
作家の阿部和重がそう力説した。4月8日によみうり大手町ホールにて開催されたイベント「TANIZAKI MY LOVE 谷崎潤一郎メモリアル2015」でのトーク中のことだ。『春琴抄』とは小説家・谷崎潤一郎(1886~1965)の代表作の一つであり(1933年発表)、春琴は同作のヒロインで盲目の地唄の師匠である。

『春琴抄』は一種の評伝という形をとっている。語り手は、「鵙屋(もずや)春琴伝」という小冊子(念のために言っておくと、春琴は架空の人物であり、この冊子も架空の書物である)、関係者からも証言をとりながら春琴の生い立ちをたどっていく。阿部に言わせると、『春琴抄』は「鵙屋春琴伝」(今風に言えば“薄い本”)や証言をもとに再構成された物語、いわば二次創作ということになる。しかも語り手は春琴というキャラクターの心理をあれこれと読み解きながら萌えている。その作中には春琴の相手役として佐助という弟子が登場するが、阿部いわく、「(語り手には)佐助なんてどうでもよくて、あくまで『俺は(春琴に)萌えてるぜ』っていうことを表現したいがために書いているものなんですよ、これは」。ちなみに「萌え豚」とは、かつて作家の中上健次が谷崎を「物語の豚」と呼んでいたのにならったもの。
「谷崎潤一郎メモリアル2015」第1部に出演した3人の谷崎賞作家(左から奥泉光・川上未映子・阿部和重)。ちなみに阿部と川上はいまのところ唯一の夫婦での谷崎賞受賞者である (C)中央公論新社

こんなふうに説明されるとがぜん『春琴抄』という小説に興味が湧く。「谷崎潤一郎メモリアル2015」の第1部では阿部のほか奥泉光と川上未映子が出演し、『春琴抄』について熱いトークを繰り広げながら同作の魅力・読み解き方を提示した。なお出演した3人の作家はいずれも谷崎潤一郎賞(中央公論新社主催)の受賞者だ。今回のイベントは、1965年に亡くなった谷崎の名を冠して同賞が創設されてから今年で50年を迎えるのを機に開催された。

この記事の画像

「谷崎潤一郎『春琴抄』の語り手は春琴の“萌え豚”なのか。3人の谷崎賞作家×でんぱ組.inc夢眠ねむ」の画像1 「谷崎潤一郎『春琴抄』の語り手は春琴の“萌え豚”なのか。3人の谷崎賞作家×でんぱ組.inc夢眠ねむ」の画像2 「谷崎潤一郎『春琴抄』の語り手は春琴の“萌え豚”なのか。3人の谷崎賞作家×でんぱ組.inc夢眠ねむ」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク