review

芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに

小谷野敦さんが「本の雑誌」2015年5月号に『芥川賞卒業宣言』を寄稿しました。『もてない男』(ちくま文庫、1999年)がヒットして批評家として一躍有名になり、のちに小説家として芥川賞に二度もノミネートされた(2011年「母子寮前」、2014年「ヌエのいた家」)、あの小谷野敦さんが、です。敦は「あつし」と読みます。「とん」と読ませていた時期もありますが、今はまた「あつし」です。
『もてない男―恋愛論を超えて』小谷野敦/ちくま新書)

近年、批評家を兼ねた小説家として、これほど精力的に活動している書き手を私はほかに知りません。東浩紀さんが批評家でありながら三島由紀夫賞を受賞しているけれども、小谷野さんはもともと専門分野が比較文学。『久米正雄伝』『川端康成伝』『江藤淳と大江健三郎』(いずれも中央公論新社)といった、作家の評伝も続々と刊行している「文学研究のプロ」です。
芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに
『久米正雄伝ー微苦笑の人』小谷野敦/中央公論新社

ネット炎上も執筆活動の肥やし


「小谷野敦ってネットでよく揉めてる人?」程度の認識しかない方は、Amazonでも覗いてその著作の刊行ペースに驚いてください。ネットで揉めながらもその揉め事をしっかり著作の中に活かしていく小谷野さんは、「自分のまちがいをきちんと認める人」なのです。公式サイトの著作紹介コーナーに、《小谷野敦の著書訂正》と題された項目があります。どんな本にも必ず誤植やまちがいはあるものですが、それをここまで堂々と目立つ場所に表明している書き手、珍しいでしょう?

問題の『芥川賞卒業宣言』は、一部だけ取り出して私の文章力で紹介すると大いに誤解が生じると思うので、興味ある方は「本の雑誌」バックナンバーをご確認ください。選考委員を任期制にしたらどうかといった、芥川賞に対する提言も含まれています。私はあれを読んで、「ていうか、芥川賞の選考委員に小谷野敦が加わればいいのに」と思いました。
芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに
「本の雑誌」383号(2015/4/9)本の雑誌社

小谷野さんの二度目の芥川賞落選時の呪詛ツイートはニュースになりましたが、こんな茶目っ気のある朗読会をするような方ですから、なかばサービスとしてのパフォーマンスだったのかもしれないと私は思います。



なにしろ小谷野さんは最初の芥川賞落選後の2012年にすでに、『文学賞の光と影』(青土社)を刊行し、自らの「落選」経験にいったん決着をつけています。また、新聞「読書人」で定期的に栗原裕一郎さんと『芥川賞について話をしよう』と題した対談もしています(その対談は電子書籍化! )。
芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに
『文学賞の光と影』小谷野敦/青土社

村上春樹に対して最も冷静な批評家


つまり、芥川賞に限らず、文学賞に関して、どんな小説家よりも「プロ」と呼ぶにふさわしい書き手なんです。
たとえば毎年話題になる村上春樹さんのノーベル文学賞ノミネート騒ぎに関しては、小谷野さんの指摘が最も冷静だと私も思います。

ところで、芥川賞と直木賞は同じ出版社(文藝春秋)が主宰する「新人賞」なのですが(芥川賞が純文学対象、直木賞がエンターテインメント対象)、世間一般には「日本で最も権威のある二大文学賞」だと誤解されています。
ですが、すでにベストセラーを出している人気作家が候補になることも多い直木賞の場合、受賞決定後に辞退をした方もいるし(故・山本周五郎さん)、もう直木賞いらない宣言をした方もいます(皆さんご存じの伊坂幸太郎さんや横山秀夫さん)。
あ、でも、そういえば「もう芥川賞いらない宣言」を公にした作家って、過去にいたでしょうか? 小谷野さんが初なのでしょうか? 

小谷野さんの著作のどこかに書いてあった気もするのですが、病み上がりの私の脳みそでは調べきれなかったので、思いきって小谷野さん本人にメールでご質問してみました。すると、あっというまに、お返事が届きました。
《受賞を辞退したのは高木卓、卒業宣言をしたのは星野智幸がいます。》
さすがです! ありがとうございました!

なお小谷野敦さんの本に対する私の感想は、すでにツイッターに何度かに分けて書いてしまっています。そちらをご参照ください
それと、動画でも話してみたので、ご笑覧ください。もしこの動画の内容に「まちがい」が判明した場合は、私のツイッターで訂正していきますので、随時ご参照いただけると幸いです。また、小谷野敦さんを語る記事(と動画)は、近々少なくともあと一本、更新される予定です(→更新しました)。どうぞよろしくおつきあいください。



あと、歌人の加藤千恵さんが司会を担当する「真夜中のニャーゴ」という番組(ネットで無料で観られます)に7月29日(水)ゲスト出演し、小谷野さんの本を紹介する予定です。おたのしみに。
(枡野浩一)

芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに
芸人としての枡野浩一(詩人歌人)はこのDVDで
アンタッチャブル柴田の「ワロタwwww」~超絶おもしろいのに全く知られてない芸人たち~ /アニプレックス

この記事の画像

「芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに」の画像1 「芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに」の画像2 「芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに」の画像3 「芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに」の画像4
「芥川賞卒業宣言をした小谷野敦を、芥川賞の選考委員にすればいいのに」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク