review

垢抜けないからいいんだぜ「うしおととら」は、二体で一体の妖だ

よもや四半世紀も昔の作品がここにきてアニメ化されるとは思わなかった。作者の藤田和日郎も、「洗濯物のGパンから千円札が出てきた」かのような感覚、と対談で語るほど。
一回OVAになったのでTVアニメ化も何度も期待されました。でももう無理だねーと思ったら、今ですよ今。
『うしおととら』が、蔵の封印を解かれて、ついにアニメ化だ!
垢抜けないからいいんだぜ「うしおととら」は、二体で一体の妖だ
二体で最強のバディ、「うしおととら」が90年台の空気そのままに戻ってきた!
(公式サイトより)

垢抜けないからいいんだぜ


藤田和日郎の絵は、強弱の強い線で、ゴリゴリと荒々しいタッチで描かれます。
アニメではあの線は再現できません。
どこに落とし込んだかというと、90年台によく使われていたアニメ絵

90年台アニメは、頬の線や鼻の影がシャカシャカと入っていました。
近年のアニメはシンプルかつかっこよくまとめるために、省略されるようになった表現です。

これを、あえて復活させた。ヒロインの真由子や麻子の頬にも必ず線が入っています。
何よりうしお。ぶっとい眉毛に、鼻には濃すぎる影。頬は特に、多すぎるくらい線が入っている。

もう一つ。比較的黒目が小さい。
00年台以降、白目に対し黒目は大きいほうが可愛く・かっこよく見えるため、黒目比率が大きい作品が増えました。
うしおはわかりやすく、今のアニメと比べて小さく、ぎょろっとした目をしています(三白眼ではないのがミソ)。
うしおの家にノートを取りに来た麻子と真由子の黒目の描き方も、白目部分がはっきり大きい。
垢抜けないからいいんだぜ「うしおととら」は、二体で一体の妖だ
時代が変わろうとなんだろうと、やっぱりかがりさんはボディコンじゃないとねー。

アニメーションはもちろん、すべてデジタル。妖怪やエフェクトには3Dをフル活用。技術は最新のものです。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。