90s

「ハマの大魔神」90年代のプロ野球流行語を振り返る

「ハマの大魔神」90年代のプロ野球流行語を振り返る
プロ野球は後半戦も始まり各地で熱戦が繰り広げられています。そんなプロ野球からはこれまでにいくつもの名言が生まれています。ここでは90年代に流行語大賞を受賞した名言を見ていきましょう。

【長嶋・イチローも プロ野球から生まれた流行語】


■1994年 イチロー(効果)
1994年はまさにイチローの年になりました。現在ではメジャーでもレジェンドの扱いを受けているイチローですが、彼がブレイクしたのは1994年でした。この年に登録名を鈴木一朗からイチローに変えて大ブレイク。シーズン200本安打、打率.385を残しました。このときはカタカナの登録名が珍しかったこともあり、大きなインパクトを残して流行語となりました。

■1995年 NOMO・がんばろうKOBE
この年はメジャーとプロ野球の両方で流行語が誕生しました。メジャーではこの年から海を渡った野茂英雄が大活躍。日本人選手のパイオニアとして13勝、最多奪三振、オールスター先発などの実績を残しました。トルネード投法と呼ばれる変わったフォームで好投する彼の姿に日米の野球ファンが熱狂し、「NOMO」という言葉が世にあふれました。
そして日本では「がんばろうKOBE」。この言葉は1月に起きた阪神淡路大震災からの復興をテーマに掲げたものです。当時被災地にホームスタジアムがあったオリックスは少しでも被災者を勇気付けようと「がんばろうKOBE」をスローガンに戦います。その年のペナントレースでは見事優勝し、多くの人に夢と感動を与えました。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月27日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。