review

「氷点下30度の労働、ソ連兵が捨てたサケの骨を食べる…シベリアの絶望を描く」漫画家おざわゆきに聞く

       
『凍りの掌 シベリア抑留記』の新装版と『あとかたの街』の最新4巻が発売された。今年5月に発表された日本漫画家協会賞コミック部門で大賞を受賞した作品だ。作者である漫画家のおざわゆきさんに話を聞いた。
「氷点下30度の労働、ソ連兵が捨てたサケの骨を食べる…シベリアの絶望を描く」漫画家おざわゆきに聞く
(左)『凍りの掌 シベリア抑留記』(右)『あとかたの街』(おざわゆき/講談社刊)

このまま埋もれてしまうのか


−−『凍りの掌 シベリア抑留記』(以下『凍りの掌』)は、2012年には文化庁メディア芸術祭マンガ部門で新人賞も受賞しています。もとは同人誌だそうですね。
おざわ 2006年にコミティアという同人誌即売会で販売しました。1巻の印刷部数は200部で、当時の同人誌印刷の最小ロット。2年半かけて3冊にまとめました。
「氷点下30度の労働、ソ連兵が捨てたサケの骨を食べる…シベリアの絶望を描く」漫画家おざわゆきに聞く
同人誌として発表された『凍りの掌』。サブタイトルが「シベリア抑留 記憶の底の青春」となっている。

−−250ページ超の大作です。3巻は100ページをこえていたそうですが、それだけの情熱はどこからきたのでしょう?
おざわ そもそものスタートは高校の時に提出したレポートです。家族の戦争体験をきくという課題で、初めてきちんと父に戦争の話を聞きました。当時高校生だった私にとって、極寒の地で捕虜として4年も暮らしていたという話は大変な驚きで、とても異質だと感じました。
−−異質とはどういうことですか?
おざわ それまで太平洋戦争といって思い浮かぶのは、蚊に刺されたり、白旗をあげてアメリカ軍に投降するというような水木しげる先生の漫画の世界でした。氷点下30度の中での労働。まともな食事も与えられず、ソ連兵が捨てたサケの骨や死んだ仲間の墓前に供えられたものまで食べるような状況。隣に眠っていた人が翌朝には冷たくなっていて、死を怖いと感じなくなる。“絶望”としか言いようがない場所に父がいたのかと。母は抑留されていた時の話をほとんど聞いたことがなかったそうで、この時のレポートを今でも大切に保管してくれています。その時すでに漫画家としてデビューしていた私は、いつかこの話を漫画にしたいと思うようになりました。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。