bit

腰痛でバンドを抜けたギタリスト“ギターを弾くための椅子”を開発

       
ライターの職業病って、なんだろう? まず、どうしても猫背になってしまいます。だって、パソコンに四六時中向かいっぱなしだから。ということは、自ずと視力も悪くなる。あと家にこもることが多いので、人との会話が苦手になる。他にも色々あるのですが、この辺にしておきましょうか。

話はガラッと変わって、ギタリストについて。彼らの職業病には、「腰痛」が挙げられるそう。それを解消させるべく、“ギタリスト専用椅子”が開発されました。ビーズ株式会社が7月下旬より発売しているのは、その名も『ギタイス』(税別18,200円)。

「当社には、20年以上ギターを演奏している社員がいます。中学生の頃から床に座ってあぐらをかき、ギターをのぞきこむように背中を丸め練習し続けていた彼は、腰を痛めてバンド活動を断念……。『床+あぐら』はあくまで腰痛の原因のひとつではありますが、他にも多くのギタリストがこの社員のように首や背中、腰などに負担を感じていると推測し、この椅子を開発しました」(広報担当者)
腰痛でバンドを抜けたギタリスト“ギターを弾くための椅子”を開発
熱中しているのはわかるが、腰痛の悪化が不安な体勢である。

きっかけは、わかった。でも、そこら辺にある椅子じゃダメなのかしら?
いや、『ギタイス』には、ギタリストに打ってつけの特徴があるんです。

1.跳ね上げ式肘掛けですぐに演奏準備


腰痛でバンドを抜けたギタリスト“ギターを弾くための椅子”を開発
肘掛けが跳ね上がるので、ギタープレイの邪魔にならない。

ギターを弾く時に邪魔になる肘掛けは、手で持ち上げるだけで跳ね上がるタイプを採用。演奏準備もさっと完了する。

2.上下昇降機能でプレイスタイル自由自在


腰痛でバンドを抜けたギタリスト“ギターを弾くための椅子”を開発
弾き語りの様子。座面が高い位置にある。

腰痛でバンドを抜けたギタリスト“ギターを弾くための椅子”を開発
まさに、リードギタースタイル。座面は低く設定してある。

上下6センチメートルの昇降が可能なガスシリンダーを搭載。座面を高くして弾き語りするもよし、座面を低くして前のめりにリードギターを堪能するもよし、自由に演奏できる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月4日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。