スピッツ 過去も現在も同列に並べたお祭りのようなステージ/ライブレポート

スピッツ 過去も現在も同列に並べたお祭りのようなステージ/ライブレポート
撮影/JUNJI NAITO
■SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 “FESTIVARENA”
2014.07.09(WED) at 日本武道館
(※画像8点)

SPITZが、2014年の夏に繰り広げた全国アリーナ・ツアー【SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 “FESTIVARENA”】。90年代後半に行っていた野外ライヴ・シリーズに名づけられていた“THE GREAT JAMBOREE”と、“FESTIVAL”と“ARENA”を合体させた造語“FESTIVARENA”を並べたツアー・タイトルは、特別な時間と華やかな空間への期待、その期待が生み出す高揚感をかきたててくれた。また、今回のツアー全10公演中4公演を占めたのは日本武道館公演。バンド結成27年、デビュー23年にして、SPITZの武道館初単独公演が遂に実現した。

7月9日。武道館初日。客電が落ちたあとに流れたSEは、デビュー当時のライヴで開演前に流していた曲を元に、「リコシェ号」(3rdアルバム『惑星のかけら』収録)や「scat」(最新アルバム『小さな生き物』収録)などをコラージュしたものだった。SPITZがまるで時空を一気にビュンと飛び越えてきたかのようなこのSEは、まさに“FESTIVARENA”のために選ばれた本編23曲の予告編だったのかもしれない。というのも、デビュー曲「ヒバリのこころ」から最新アルバム『小さな生き物』に収録されていた「野生のポルカ」、ライヴで初披露した「スワン」など、今回のメニューにはSPITZのどの時代にも飛んでいける楽曲が並んでいたからだ。ライヴでは久しぶりに聴くことができた「海とピンク」「僕の天使マリ」。夏の様々な匂いをまとった「プール」「夏の魔物」。誰もが知っているヒット曲「空も飛べるはず」「涙がキラリ☆」。草野マサムネ(Vo&G)がタンバリンを片手にハンドマイクで歌った「俺のすべて」。前奏が鳴った瞬間、場内のあちこちから「待ってました!」といった感じで歓声があがった曲がいくつもあった。草野マサムネの独特な詞世界と伸びやかに響く歌声。ライヴが楽しくてしょうがないといった感じで、ステージを動き回る田村明浩(B)。繊細さと骨太さを併せ持ったギターを奏でる三輪テツヤ(G)。SPITZサウンドの土台を力強く支える崎山龍男(Dr)。この不動の4人がいつの時代もSPITZにしか作れない世界を常に築いてきたからこそ、彼らは全ての楽曲を同じ場所に立たせることができるのだろう。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「スピッツ + ライブ」のおすすめ記事

「スピッツ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュース

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月2日の音楽記事

キーワード一覧

  1. スピッツ ライブ

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。