bit

甲子園中継にいつも映る「ラガーさん」とは何者か 自由席を「私物化している」と批判の署名活動も

甲子園中継にいつも映る「ラガーさん」とは何者か 自由席を「私物化している」と批判の署名活動も
『甲子園のラガーさん』(オークラ出版)

バックネット裏の最前列でいつもラガーシャツを着て、全国高校野球大会を観戦していることをマスコミに取り上げられ有名になった「ラガーさん」こと善養寺隆一さん(49)。

今回の大会をきっかけに「高校野球大会の自由席を私物化している」と抗議する署名活動がネット上で始まるなど議論が巻き起こっているが、そもそもラガーさんとは一体どんな人物なのか。

甲子園の門の前で毎日野宿


ラガーさんは2014年4月に自伝となる『甲子園のラガーさん』(オークラ出版)を出版している。同書によると1999年から「通し券」を購入して全試合を観戦し始めた。甲子園は全席自由席だが、バックネット裏の中央特別自由席「A段73番」がラガーさんの「指定席」だ。

普段は東京在住で独身。父の立ち上げた印刷会社に勤務し、新幹線を利用するのは「贅沢」だとして、甲子園へは高速バスで移動する。近年は開門前から並ぶ人が増えたので最前列の席を確保するため、試合期間中は甲子園の門の前で野宿している。朝4時には起床するそうだ。

ラガーシャツを初めて着たのは2001年の第83回選手権だった。特別なこだわりやメッセージがあったわけではないという。以前は蛍光色のジャンパーを着ていたが、周囲の人と被ってしまうため、「これは目立たたない! 蛍光色"以外"の服にしよう」と考えていたところ、甲子園球場近くのダイエーで安いラガーシャツを売っているのを発見した。

ラガーシャツ姿がトレードマークとなって甲子園やそれ以外の場所でも声をかけられるようになったことを喜び、現在では長袖19枚、半袖29枚、合計48枚を揃える。試合ごとに高校のチームカラーなどに合わせてシャツを着がえるという。2010年に野球雑誌「野球小僧」で初めて取材を受けた後、テレビやラジオにも出演するようになった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク