review

直木賞作家・東山彰良さん、『NARUTO』に深い関わり ノベライズやアニメ脚本をやっていた!

直木賞作家・東山彰良さん、『NARUTO』に深い関わり ノベライズやアニメ脚本をやっていた!
『流』(東山彰良著、講談社)


第153回直木賞を受賞した東山彰良さんはマンガのノベライズやアニメの脚本も手がけています。直木賞受賞作『流』とノベライズ作品の文体からわかるサブカルと文学の関係とは。ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんが語り合います。

作家のルーツである台湾を描いたものだが……そこだけに注目するのはどうか?


飯田 『BORUTO』を観たあとで、「そういえば今回の直木賞作家の東山彰良さんって、『NARUTO』のノベライズとかアニメの脚本やってたよね?」ということで取り上げさせていただこうという話になったわけですが……。

藤田 ぼくは、恥ずかしながら、東山さんの作品を、きちんと読んできたわけではないので、基本的なことからお伺いできますか?

飯田 東山さんは台湾出身で、国籍も台湾。ただ幼少期に日本に移住しています。もともとは宝島社の小説新人賞からハードボイルド小説(馳星周フォロワーとも言われていたけど、もうちょっと軽妙な感じ)でデビューした作家です。

藤田 今回の直木賞受賞作『流』は、インタビューや対談などでの東山さんのご発言から判断するに、実話的な部分も多いようですね。第二次世界大戦中、日本軍と、共産党と国民党に分かれて争った時代が、一つの起点。殺しをしまくって、台湾に逃げた祖父から続く、三代の話ですよね。

飯田 ただ、1975年時点で高校生で、そこから大人になっていく主人公視点で進むと。ケンカっぱやい主人公のモデルは東山さんの父親らしい。殺しをしまくった祖父が何者かによって殺され、その犯人は誰か? というのが終盤まで続く謎としてある。ただミステリ的要素があると言ってもパズル的な謎解きではなくて、土着的な狭い人間関係、因縁を描くほうが主眼。

あわせて読みたい

  • 「劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 ザ・ロストタワー」見どころは螺旋丸!?

    「劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 ザ・ロストタワー」見どころは螺旋丸!?

  • 2015夏のコンビニ激辛フード決定戦

    2015夏のコンビニ激辛フード決定戦

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年8月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュース

    次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース