90s

他球団の4番ばかり! 巨人が獲得してきた歴代「コレクション」

90年代から2000年代の巨人軍といえば、お金に糸目を付けない大型な戦力補強がおなじみでした。特に「4番コレクション」と皮肉られたように、ほぼ毎年他球団から4番打者を獲得していましたよね。今回はそんな他球団から巨人へとやってきた4番打者たちをご紹介していきます!

【落合博満(1994~1996)】


他球団の4番ばかり! 巨人が獲得してきた歴代「コレクション」

日本初のFA移籍で巨人へ入団しました。40を超える年齢での移籍で活躍するか不安視されていましたが、卓越したバッティング技術は健在でした。1994年は優勝争いでの貴重なホームラン(この時の長嶋監督は「恐れ入りました」と落合に最敬礼していました)などで優勝に貢献し、1995・1996年にも打率3割超えの好成績をマークします。
「長嶋監督を胴上げできなかったら、末代までの恥」と巨人に入団した落合は、結果的に在籍の3年間で2度のリーグ優勝に貢献しました。しかし巨人に同じポジションの清原が入団したために退団。このとき落合は「長嶋監督が悩む顔は見たくないから」とのコメントを残しました。

【ジャック・ハウエル(1995)】


ハウエルはヤクルトに1992年から在籍し、MVPを受賞するなど優勝に貢献していました。そんなハウエルは1995年に巨人へ移籍し、シーズン前半はそこそこの成績を残していました。
しかし嫁との離婚訴訟が本格化してアメリカに帰国。結局戻ってこないまま8月に自由契約になってしましました。

【広澤克実(1995~1999)】


あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「他球団の4番ばかり! 巨人が獲得してきた歴代「コレクション」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    なんで小笠原、ラミレスはいないのか

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月30日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。