90s

他球団の4番ばかり! 巨人が獲得してきた歴代「コレクション」

しかし2002年以降は成績が低迷し、西武へと移籍しました。

【ロベルト・ペタジーニ(2003~2004)】


ヤクルト時代は松井最大のライバルとして君臨し、2度のホームラン王を獲得しました。その松井がヤンキースへと移籍したため、その穴を埋めるべく2003年に巨人へ来ました。しかし本職のファーストには清原がいたため、外野へコンバート。不慣れなポジションだったので精細を欠くシーンが目立ちました。
私生活では、友達のお母さんだったという25歳年上のオルガ夫人とのイチャイチャぶりが凄く、二人は熱烈なキスをよくしていました。

【タフィ・ローズ(2004~2005)】


近鉄時代は王貞治氏の持つシーズン最多ホームラン55本に並ぶなどホームラン王を3度獲得しました。巨人移籍初年度の2004年にもホームラン王を獲得し、落合以来となる両リーグでのホームラン王になりました。
しかし2005年、外野守備(巨人では近鉄時代のレフトではなくセンターを守っていました)を巡って弘田コーチと激しい口論となり、「ジャイアンツ大嫌い」などの暴言を吐き騒動に。結局、この年限りで巨人を戦力外になってしまいました。

【小久保裕紀(2004~2006)】


他球団の4番ばかり! 巨人が獲得してきた歴代「コレクション」

ダイエーホークスの精神的支柱でもあった小久保ですが、2003年オフに前代未聞の無償トレードで巨人に移籍しました。このトレードの理由には球団社長と揉めたことや、怪我の治療費を球団側が支払わなかったことからだといわれています。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「他球団の4番ばかり! 巨人が獲得してきた歴代「コレクション」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    なんで小笠原、ラミレスはいないのか

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月30日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。