90s

華原朋美の暴走アイドル時代 下ネタ三昧だった過去

90年代中期のフジテレビの深夜番組『天使のU・B・U・G(うぶげ)』。
司会は若き日の今田耕司と東野幸治で、(世間的に)売れていない女性アイドルたちが体を張ったゲームや企画に挑戦するといった、いかにも深夜ならではの番組だ。

アイドルたちも自分を売り込むのに必死でやりたい放題! 総勢30人を超えるアイドルたちが誰よりも目立つべく、そして他人を蹴落とすべく、過激なバトルが繰り広げられていた中、
最も存在感を発揮していたのが遠峯ありさ。現在の華原朋美だ。
「おっとり」「のんびり」な現在とは真逆の「勝気」「イケイケ」なキャラクターで、良くも悪くもその天真爛漫な魅力を振りまいていたのだ。

【掟破り上等!わが道を行く暴走キャラ】


当時は今に比べて規制がゆるかった上に生放送とあって、当たり前のように放送事故ギリギリなシーンを乱発!
「水中カルタ取りゲーム」では、水着姿で巨大水槽に潜水し、取られた札を奪うため(ルール上反則)、相手を溺れさせる勢いで猛突進! 闘争心むき出しすぎて「小悪魔じゃなく悪魔」と形容されるその姿にスタジオはドン引き。
他のライバルを見る目が異常に冷たいのは基本で、変な関西弁で月収1万円を愚痴りながら事務所の社長に蹴りを入れるなんてことも。
番組中にサラッと年齢詐称を認めたり、中指立てたりとルール無用のアンタッチャブルさが持ち味だった彼女が、この後2年足らずでミリオンセラーのアーティストに上り詰めるなんて、当時のアイドルマニアでも誰一人として読めなかったはずだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク