80年代末より深夜番組の可能性を追求してきたフジテレビ。深夜の枠組み自体を「第2のフジテレビ」を意味する「JOCX-TV2」と名付け(後に「JOCX-TV+」「GARDEN」「JUNGLE」等に変遷)、実験的なセンスあふれる番組を続々と生み出していた。
90年代に入ると、若者の支持を中心に視聴率も上昇。その躍進の原動力となったのが斬新な「知的エンターテインメント番組」の数々だ。中でも上質な4番組を紹介しよう。

【カノッサの屈辱】(1990年4月~1991年3月)


現代文化を歴史上の出来事に当てはめながら、教授役の俳優・仲谷昇が講義のようなスタイルで面白おかしく振り返る番組。
「アイスクリーム ルネッサンス史」「ニューミュージックと西太后の時代」「古代エーゲ海アイドル帝国の滅亡」「インスタントラーメン 帝国主義国家の宣戦」といったテーマは、すべて歴史上の著名な人物や出来事になぞらえられ、解説の際に使用される図版なども歴史資料風にアレンジされた物となるよう徹底されていた。

「チョコレート源平の対立と国風文化」を例に挙げると、80年代末の高級チョコレートブームは「舌(タン)の裏の戦い」、「チョコレートは明治♪」のCMに出ていた沢田研二は板チョコ文化を広めた「明氏一門」の「平清ジュリ(たいらのきよじゅり)」といった具合。
「鳥獣コアラマーチ戯画」、「m&m’sの来襲」、チョコボールを持つ「森永観音像」、パラソルチョコを持つ「不二原家の弥勒菩薩像」などの歴史資料のオマージュやパロディも絶妙。その強引なまでのこじつけも、遊び心も一級品だった。