90s

野球が唯一苦手だった!? 山崎武司氏が語った野球人生とは

野球が唯一苦手だった!? 山崎武司氏が語った野球人生とは
現役時代のあだ名は「ジャイアン」
プロ野球の世界で27年間、中日、楽天などで活躍した山崎武司氏に今回はインタビューしてきました! 山崎氏は元プロ野球選手であるが、取材場所はなんと富士スピードウェイ。
なんでも山崎氏自身がレースに出場するそうだ。山崎氏はレースだけでなく、ミニカー収集やラジコンを趣味に持つなど根っからの車好き。そこで本業の野球について聞く前に、車好きになったきっかけを伺った。
「父や兄が車好きだったのも影響していますね。小さい頃からミニカーが大好きで、買い物に行くたびに『トミカを買って』とお袋にねだっていました」

【野球が唯一苦手だった!? 山崎氏の学生時代】


さてそんな山崎氏の学生時代。さぞ野球も得意だったのではと思ったが、そうではなかったと語る。例えば中学時代、陸上や相撲で全国大会に出場するなど(特に相撲はわずか数日の練習で県大会で優勝したそう!)好成績を残したが、野球では無名の存在だった。山崎氏は「唯一、野球が上手くいかなかったね。中学時代は本塁打数がゼロだし」と当時を振り返る。

だが山崎氏は名門として知られる愛工大名電の野球部に入った。その理由を聞くと「兄が教職課程で名電に居たとき、兄の担当教師が倉野さん(注:倉野光生。現在の名電野球部監督)だった縁で、セレクションを受けたところ合格したから」とのこと。
名電に入った山崎氏は才能が開花し、高校通算56本の本塁打を記録するなど活躍。晴れて地元の中日ドラゴンズに2位指名で入団した。

あわせて読みたい

  • 「話さなくても分かった」田口壮氏が語るイチローとの思い出

    「話さなくても分かった」田口壮氏が語るイチローとの思い出

  • 監督が評価したのは「歌」? 田口壮氏が語ったメジャーの裏側

    監督が評価したのは「歌」? 田口壮氏が語ったメジャーの裏側

  • イチローの三振 報道された理由

    イチローの三振 報道された理由

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2015年10月7日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース