review

新「ルパン三世」3話。魅力的な敵の設定が上手くいったとき、とてつもなく面白くなる

好評放送中のアニメ『ルパン三世』。第3話は、イギリス諜報部「MI:6」からやってきた最強のエージェント、“殺しのライセンス” を持つ男・ニクスがついにルパン一家に牙を剥く「生存率0,2%」。
人気のリアル脱出ゲームとルパンが初コラボ「サンマリノ城からの脱出 -マリー・アントワネットの首飾りを盗め- 」。
11月20日より始まる東京公演を皮切りに、全国28都市をめぐる予定。詳しい情報は特設サイトをチェック。
(C)モンキー・パンチ/TMS・NTV

今回のルパンの狙いはイタリアのサンレオで発掘された「マリー・アントワネットの首飾り」の欠片。この首飾りは、実際に18世紀末に起こった詐欺事件の中心になったもので、フランス王妃マリー・アントワネットとともに、錬金術師カリオストロ伯爵も事件に巻き込まれている。

カリオストロ伯爵とは、ご存知、宮崎駿監督『ルパン三世 カリオストロの城』の元ネタ。今回のエピソードの舞台、サンレオは『カリオストロの城』に登場するカリオストロ公国のモデルになった街でもある。

ついでに言うと、ルパンのおじいちゃん、アルセーヌ・ルパンが幼少期に最初に盗み出したのが、マリー・アントワネットの首飾りであり(モーリス・ルブラン『女王の首飾り』)、今年初めに上演されて話題を呼んだ宝塚版『ルパン三世』は、まさにこのマリー・アントワネットの首飾りをモチーフにした物語である。

濡れ衣をかけられたカリオストロはサンレオで獄死した――と、ここまでが史実であり、カリオストロが牢獄の壁に隠した首飾りの欠片が見つかった、というのがアニメのお話である。

首尾よく首飾りを盗み出すルパンだが、相棒の次元大介がニクスの襲撃を受けて囚われてしまった。凄腕のガンマンでありタフガイの次元が、あっという間に倒されるなんて、30年来のファンにとってはちょっと目を疑う光景である。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク