『世にも奇妙な物語』といえば、タモリがストーリーテラーとして、オムニバスで構成される短編ドラマ。その内容はまさに「奇妙な」であるとともに、出演者が豪華な面々であることも楽しみのひとつだ。1990年の4月に一回目が放送されて以来、2015年で25周年を迎えた。数多く放送された中でも、特に評判が高かった作品を紹介していこう。

「イマキヨさん」


この作品はファンによる人気投票で1位になっている。
主演は嵐の松本潤が務め、就職活動をしている大学生を演じる。いつも通り家に帰り、不採用通知を見て落ち込んでいると、テレビが勝手につき、テレビの前に黒い上着とフードをかぶった人がいた。
大学の友達に聞くと、この地方に伝わる迷信みたいもので、その人は「イマキヨさん」だという。人暮らしの寂しそうな人のところに現れ、その人を幸せにしてくれる座敷童のようなものだと。
ただイマキヨさんに幸せにしてもらうには4つのルールがあり、1.無理に追い出さない、2.傷つけない、3.引っ越しの話をしない、4.謝らないがある。これらを守らなかったら「何かが起きる」らしい。
主人公はルールを破らないように気を付けるが、ちょっとしたことからどんどんルールを破っていってしまう。最終的にすべてのルールを破った彼は、新しいイマキヨさんにされてしまったのだ。

「ズンドコベロンチョ」


ストーリーテラーであるタモリはこの作品がもっとも好きだと語っている。
エリート会社員である三上(草刈正雄)は、いつのまにか周囲の人間が