鳴り物入りでスタートした「TVer」って何?


10月26日、いよいよ「TVer」がスタートした!
無料で民放番組を視聴できるのに全然話題になってない「TVer」は大丈夫か
とにかく、もうちょっと番組数が増えてくれれば夢のサービスになるのに……!

……って、そもそも「TVer」とは何ぞや? という人も多いかもしれない。

要は日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビが共同で立ち上げた、各局の番組を放送から1週間程度、スマホやPCで視聴することができるという見逃し番組配信サービス。しかも無料だ!

テレビ局オフィシャルで番組をネット配信するなんてスゴイ! ……と思うのだが、そのわりにはあまり話題になっていない。というのもこの「TVer」、色々と中途半端なのだ。

まず、根本的な問題として配信されている番組数が少ない。いくら立ち上げ直後とはいえ、10月26日時点で公開されている番組が約50本。各局10本程度というのはさすがにショボイ!

しかもその50本の中に、1〜5分程度のミニ番組(情報番組内で流されている短編アニメなど)が結構な本数含まれているのだ。

無料サービスなのでCMが流されるのは当然だし、一向に構わないのだけれど、その1分の動画を見るために15秒CMを2本見なきゃならないというのは(もちろんスキップできない!)、さすがに見る気が失せるでしょ。

色々と惜しい!


表向きは「TVer」というひとつのサイトなのに、中身は「日テレ無料TADA!」「テレ朝キャッチアップ」「TBS FREE」「ネットもテレ東キャンペーン」「フジテレビプラスセブン」といった、各局が独自にやっているサービスに飛ばされている……というあたりも少々ややこしい。