90s

KinKi Kidsの原点! TBSドラマ『若葉のころ』を振り返る

KinKi Kidsの原点! TBSドラマ『若葉のころ』を振り返る
KinKi Kidsの2人が主演していることで話題となった青春ドラマ『若葉のころ』。1996年の4月~6月にかけてTBSで放送された。このドラマは、その後のKinKi Kidsの活動の原点とも言える作品である。

主人公たちの生きる葛藤を描いた『若葉のころ』


この物語の核となるのは、堂本剛演じる相沢武司と堂本光一演じる藤木甲斐、それぞれが青春時代を生きる上での葛藤だ。
武司(剛)は、母を亡くし、父と幼い弟と妹との貧しい生活を送っていた。父は自堕落な生活を送っているため、弟と妹の面倒をみるのは武司。アルバイトに精を出しながら、なんとか毎日を懸命に生きる。
一方の甲斐(光一)は、対照的に裕福な家庭で育った。世間知らずから来る彼の無自覚な言動は、武司から見ると高飛車に映ったり、それ故に武司を傷つけたりしていた。それでも2人は友情を深めていった。

この物語で大きな転機となるのは武司が、八つ当たりする癖のある父と遂に衝突して、危害を加えるところだ。このため、武司は少年院へと入所。そのときに、甲斐が武司の幼馴染である泉(奥菜恵)と付き合うようになり、妊娠までさせる。出所後にその展開を知った2人は決別し、そこからまた物語はさらに進行していく。このように、『若葉のころ』は家族問題、友情と恋愛といったテーマが散りばめられた青春群像劇となっている。

当時のトレンドであった青春作品


ドラマのTBSとも称されるほど、名作ドラマを生み出してきた同局。特に『若葉のころ』が放送されていた金曜9時という時間帯は、青春時代を舞台にした作品が選ばれる傾向が強かった。その代表的なものが明石家さんま主演で話題となった『男女7人夏物語』だ。

あわせて読みたい

  • 「僕は死にましぇ~ん」昔のドラマで流行った印象的なセリフは?

    「僕は死にましぇ~ん」昔のドラマで流行った印象的なセリフは?

  • モー娘。にとんねるず・石橋が付けた"あだ名"覚えてる?

    モー娘。にとんねるず・石橋が付けた"あだ名"覚えてる?

  • 宮沢りえの波乱人生を振り返る 自殺未遂や激やせもあった!

    宮沢りえの波乱人生を振り返る 自殺未遂や激やせもあった!

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2015年11月1日の90s チョベリー記事
    「KinKi Kidsの原点! TBSドラマ『若葉のころ』を振り返る」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      KinKi Kidsの原点は、人間・失格だと思うけどな。このドラマがあったからあまりにも悲し過ぎる2人にもう少し友情を深める若葉のころをやる事になったと思うけどね、、

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース