90s

『天までとどけ』出演者を襲った悲劇 若林志穂は殺人を目撃してPTSDに

90年代に人気を集めた大家族ホームドラマ『天までとどけ』。月~金曜午後1時から30分間のTBS系『愛の劇場』枠にて、91年の3月~5月に掛けて全60話を放送。反響も上々で93年を除いて毎年シリーズ化し、99年のパート8まで続いた長寿番組だ。
新聞記者の父・雄平(綿引勝彦)と専業主婦の母・定子(岡江久美子)、そして12人の子供たち(パート1の最後に13人目が誕生)が暮らす丸山家の日常をにぎやかに描いている。

成長する子供たちに毎年出会える!


いわゆるビッグダディ的な連れ子同士の再婚ではなく、雄平との子供を12人も産んでいるどころか、心臓に病を抱えながらも13人目を産んでいる定子のタフさも凄いが、家計を支える雄平の財力も凄い。ツッコミ出せばキリがないが、毎年リアルに成長して行く子供たちを家族感覚で見守ったものである。

子供たちの名前は上から順番に、正平(しょうへい)、待子(まちこ)、信平(しんぺい)、公平(こうへい)、五郎(ごろう)、六都子(むつこ)、七穂子(なほこ)、八菜子(はなこ)、九(ひさし)、十郎(じゅうろう)、士郎(しろう)、十次郎(じゅうじろう)、十実子(とみこ)
5人目からはナンバリング形式ながら、そのネーミングセンスは秀逸。六都子から続く、次女、三女、四女の流れは見事で、九と書いて「ひさし」、11番目が士郎も技ありだ。十郎、十次郎で弱冠ネタ切れ感もあるが、最後の十実子で綺麗に締めている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク