review

オタクと文学の関係を福岡で見てきた。第1回文学フリマ福岡で見つけた熱い本

       
去る10月25日、福岡・天神の都久志会館にて第1回文学フリマ福岡が開催された。ちょうど前日からヤフオクドームにて福岡ソフトバンクと東京ヤクルトによる日本シリーズが始まっており、福岡の街はいつにもましてお祭りの様相を呈していた。

文学フリマ事務局は目下、「文学フリマ百都市構想」の目標を掲げ、各地で文学フリマを開催したいという有志を支援している。一昨年より始まった大阪での文学フリマはこの9月に第3回が行なわれ、すでに定例化している。前後して今年4月には第1回文学フリマ金沢が開かれた。今回の福岡は、それに続く新たな都市での開催ということになる。さらに来年、2016年には7月に岩手、9月に札幌でそれぞれ初となる文学フリマが予定され、北から南まで開催地は着実に広がりつつある。

私が福岡を訪れるのは、6月のヤフオクドームでのAKB48選抜総選挙および著書の取材以来4カ月ぶり。今回の文学フリマには1人での参加とあって、ブースをなかなか空けられなかったため、客として会場を回ったのは駆け足になってしまった。それでも、熱気は十分に感じられた。ここで、会場で購入した本のなかから、とくに印象に残ったものを紹介したい(以下、見出しに本のタイトルのあと、カッコ内にサークル名を記す)。
オタクと文学の関係を福岡で見てきた。第1回文学フリマ福岡で見つけた熱い本
『安部公房トリビュート・KOBOLABO』。タイトルのロゴも安部作品のイメージに合わせてデザインしたという

『安部公房トリビュート・KOBOLABO』(misosio


今回、出店サークルのカタログを見ていて、まず興味を抱いたのがこの本。タイトルのとおり、作家・安部公房(1924~93)の作品を題材に、その作中人物のキャラ化、あるいは作品に登場する架空の昆虫「ユープケッチャ」をモチーフとしたサイドストーリーなどを収録している。サイドストーリーは、文章の配置も凝っている。小説にとどまらず、写真や演劇、映画とビジュアル面でも多くの作品を残した安部公房にふさわしいアプローチの仕方といえる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。