bit

「めかぶ」と「もずく」はどう違うのか? スーパーに並んで陳列される両者

「めかぶ」と「もずく」。

「めかぶ」は、わかめの根元部分のこと。


「めかぶ」と「もずく」はどう違うのか? スーパーに並んで陳列される両者



「もずく」は、モズク科やナガマツモ科に属する海藻の総称。


「めかぶ」と「もずく」はどう違うのか? スーパーに並んで陳列される両者



食感も味ももちろん違うけれど、スーパーではいつも同じコーナーに並んで陳列され、食卓でも同じポジションに位置している。形状も、納豆のような縦積みの四角い容器や丸いカップの3連など、同じであることが多い。

とかく同じような扱いをされがちな両者だが、気になるのは、賞味期限と値段の違いだ。
一緒に買おうとして、めかぶだけ高いことに気づいたり、まとめて買って冷蔵庫に入れ、気づいたら、めかぶのほうが賞味期限ギリギリになっていたりしたことはないだろうか。
「めかぶ」のほうが「もずく」よりも賞味期限が短く、値段も高いことが多いからだ。なぜなのか。カネリョウ海藻株式会社に聞いた。

「確かに、めかぶのほうがもずくより賞味期限が短い商品が多いですが、それはめかぶが、調味液に漬け込んでいない生タイプで調味液別添のものが多いからです」(広報担当・山本さん 以下同)

一般的に、生タイプのめかぶの賞味期限は、1週間~10日程度であるのに対し、調味液に漬け込んだものは20日間程度だそう。
一方、もずくの場合は、スタンドタイプの場合は賞味期限20日間弱だが、たいてい三杯酢や黒酢などの調味液につけてあるため、25日間くらいのものが多いという。

では、なぜめかぶは生タイプが多く、もずくは調味液に漬けたものが多いのか。
「めかぶはわかめの根元部分なので、色味が大切です。本来はわかめの若竹色であることがいちばん良いのですが、それが調味液につけると黒くなったり、失われたりしてしまいますし、食感もなくなってしまいますので、生タイプが多いのです。でも、もずくの場合は醤油ベースの調味液につけても、もともと黒っぽい色があまり変わらないため、調味液に漬けるものが多いのです」

あわせて読みたい

  • スーパーで生肉ベタベタ触る人って

    スーパーで生肉ベタベタ触る人って

  • スーパー店員があきれるトンデモ客って!?

    スーパー店員があきれるトンデモ客って!?

  • スーパーでのレジ行列待ち時間に、ドラマが起きることもある 花束編

    スーパーでのレジ行列待ち時間に、ドラマが起きることもある 花束編

  • 小さなスーパー『売れ続ける理由』

    小さなスーパー『売れ続ける理由』

  • コネタの記事をもっと見る 2015年11月15日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら