bit

「向かい干支」って知ってる? 正反対だからこそ「相性が良い」

早いもので、2015年もいよいよ2カ月を切ってしまった……。今年の干支は未(ひつじ)だったが、来年の干支は申(さる)。ところで皆さん、自分の干支はそれなりに意識していると思うのだが、「向かい干支」なるものがあることをご存知だろうか。12の干支を時計のように並べたときに、自分の干支の対面にある動物(つまり、自分の干支から数えて7番目の干支のこと)をいうらしい。

向かい干支は正反対の性質を持つ


「向かい干支」って知ってる? 正反対だからこそ「相性が良い」

つまり、来年、「申(さる)」年で年男(年女)の人なら、向かい干支は「寅(とら)」ということになる。向かい干支は本来の自分とは正反対の性質を持つため、ラッキーアイテムとして身近に置くことで、本来なら出せないパワーが得られるといった言い伝えもあるようだ。私は最近、この情報を知ったので「もっと早く知っていれば、よりよい人生だったかも!」などと考えてしまった……。自分の向かい干支にあたる友人やパートナーは、お互いに足りないものを補いあえるため、相性が良いという説もあるという。

文豪・泉鏡花は卯(うさぎ)コレクターだった


作家の泉鏡花は酉(とり)年生まれだったため、向かい干支にあたる卯(うさぎ)のグッズを集めていたそう。子どもの頃に、母親から水晶の兎をもらったことがきっかけとなり、ステッキや玩具などを蒐集する熱心なうさぎコレクターに。なんと、自らの着物にもうさぎのマークを入れるほど、向かい干支を愛し、慈しんでいたという。ちなみに、鏡花の師匠であった尾崎紅葉は、卯(うさぎ)年の生まれだったそうだ。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2015年11月15日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース