90s

転落・離婚・レゲエ・女装…お騒がせ窪塚洋介が最高にカッコ良かったあの頃

転落・離婚・レゲエ・女装…お騒がせ窪塚洋介が最高にカッコ良かったあの頃
“窪塚の右に出る者はいなかった”画像は『GO』amazonより
本日未明、窪塚洋介(36)が自身のTwitterにて、ダンサーのPINKYと近々結婚することを宣言した。
センセーショナルなオーラを放っていた彼は、精悍な顔つきで幅広い役柄をこなす演技派の俳優として特に、1990年代後半~2000年代前半にかけて活躍。また、彼の世界観が炸裂しすぎたゆえのぶっ飛んだ発言や、マンション転落など、プライベートがクローズアップされることも多い。最近久々にテレビCMにも登場するなど改めて注目が集まっている窪塚洋介。そんな、窪塚のあの頃を振り返ってみたい。

2本の人気ドラマで大きく飛躍した窪塚洋介


俳優・窪塚洋介がテレビでまず脚光を浴びたのは、1998年に放送された『GTO』(フジテレビ系)だろう。優等生だが教師への悪戯を企む首謀者の一人という役どころ。主人公の鬼塚(反町隆史演じる教師)に対して最初は敵意をむき出しにするが、彼の人間性に触れるにつれ、良き理解者へと変わっていく複雑な役がらを見事に演じた。聡明な雰囲気を醸し出す窪塚は、優等生ならではの孤独や心の機微を表現するのが上手く、その高い演技力はすぐに注目された。

2000年放送された『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)で、窪塚の存在感はさらに引き立つ。宮藤官九郎脚本・堤幸彦演出と言うゴールデンタッグで制作されたこの“IWGP”。窪塚は、主人公のマコト(長瀬智也演じる青年)の親友で、ギャング集団「G-Boys」をまとめるリーダーのキング役で出演する。ひょうひょうと世渡りしながら、次に何をしでかすか分からない危うい雰囲気にも満ちたキャラクターが特徴的だった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「転落・離婚・レゲエ・女装…お騒がせ窪塚洋介が最高にカッコ良かったあの頃」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    いろんな意味で日本にはいない「名俳優」と言っておこう~W

    3
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月16日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。