90s

野茂英雄のメジャー挑戦に浴びせられたバッシング 鈴木啓示との確執も

メジャーリーガーとして輝かしい実績を残した野茂英雄。しかし、彼が最初にメジャー挑戦を表明した時、日本球界は彼に対し、批判と中傷を繰り返していた。
だが、野茂はそんな逆境にも挫けず、メジャーリーグへの道を選んで大活躍。批判を賞賛に変えたのだった。そんな野茂の近鉄入団からメジャーでの活躍までの輝かしい功績を振り返る。

ドラフトで8球団が指名


野茂は社会人時代、チームを都市対抗野球へ導き、日本代表としてもソウル五輪で銀メダルを獲得した。そのため、その年のドラフト最大の目玉であり、なんと8球団(現在も最多指名記録)から指名される。
抽選の結果、最後にくじを引いた近鉄が交渉権を得て、野茂は近鉄へ入団することに。1年目から野茂は重圧を物ともせず、大活躍! 新人ながら最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率と投手四冠を独占したほか、ベストナイン・新人王・沢村賞・MVPに選出され、8冠を達成したのだ。
翌年以降も最多勝と最多奪三振のタイトルを取り続け、新人から4年連続で最多勝と最多奪三振のタイトルに輝いた。

鈴木啓示監督との確執


しかし1993年、野茂の独特な「トルネード投法」を認めるなど、関係が良好だった仰木彬監督が辞任。新監督として近鉄の名投手だった鈴木啓示が就任することに。鈴木が監督になったことで、野茂のプロ野球人生は大きく変わることになるのだった。

調整方法を野茂に一任していた仰木と違い、鈴木は野茂の練習方法や調整方法に口を出した。それだけでなく、野茂にひたすら走りこむことを要求し、野茂独自の練習を否定。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「野茂英雄のメジャー挑戦に浴びせられたバッシング 鈴木啓示との確執も」の みんなの反応 9
  • 名無しさん 通報

    鈴木氏は監督としては使えなかった。マスコミも阿呆でした。人を見る目がない奴が多いのは悪い島国根性だな。野茂は偉大だよ。

    48
  • 匿名さん 通報

    本当にレジェンド。日本人達の悪しき村民度に負けずに成功した男。米メジャーで、両リーグでノーヒットノーランってのも凄すぎる。

    18
  • 匿名さん 通報

    当時は野茂と巨人の桑田とで交換トレードまで出てたらしい。言う事聞かないから鈴木近鉄はトレードで放出しようとしてたんだよな

    12
  • 匿名さん 通報

    野茂は大リーグで123勝もした。桑田は使えない。器が違う。比べる方が失礼。

    11
  • 匿名さん 通報

    野茂を思い出すと、メジャーの吾郎の様だと思ってしまう。 決して屈しない心をお手本にしたい。

    7
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク