bit

年賀状に寒中見舞いに風合いレトロな「活版印刷」いかが?

印刷不況、といわれているこのご時世。書類は電子化、電子書籍などの台頭で、年賀状でさえ、最近は昔に比べると随分減った。そんな今だからこそ、原点回帰で印刷というものを見直したい。
印刷の原点とは何かといえば、それは活版印刷なのである。

年賀状に寒中見舞いに風合いレトロな「活版印刷」いかが?


活版印刷とは「活字」と呼ばれる鉛でできた文字を組み合わせ、その版にインクを付けて紙に転写する、至ってアナログな印刷方法のこと。
起源は遙か昔の中国。中世ドイツで隆盛し、ヨーロッパでは印刷の基礎となる。やがて日本にも伝わり印刷の基礎となったが写植の登場によってすっかり廃れてしまった。
1970年代には一線から退いて消えてしまったかと思いきや、今でも少ないながら全国の印刷会社などで脈々と生き残り続けている。
そんな活版印刷をメインとする大阪の印刷会社さん、大枝活版室さんにお話を伺ってみた。

年賀状に寒中見舞いに風合いレトロな「活版印刷」いかが?
レトロで小さな印刷会社。中はほとんど手作りされたそう。


なぜ今の時代に活版印刷をはじめたのか。 
「はじめたのは2年前です。当時、私がフリーランスのデザイナーだった頃、10年以上前に出入りしていた廃業寸前の印刷所に行ったのがきっかけです」
何十年も時が止まったボロボロの印刷所に残されたのは、埃まみれの活版印刷機と活字。これを使って、昔のように再び人の出入りする活気ある印刷所にしたいと、印刷工と組んで印刷所再生をスタートしたという。
すっかり忘れ去られていた古い機械はきれいに磨き上げ、印刷会社自体も手作りで再生。デジタルのこの時代に、古い技術が復活した。

あわせて読みたい

  • 金属アレルギーも安心 ジュエリー

    金属アレルギーも安心 ジュエリー

  • 業界初! 紙の針を使ったホッチキス

    業界初! 紙の針を使ったホッチキス

  • 和紙で作ったベビー靴

    和紙で作ったベビー靴

  • コネタの記事をもっと見る 2015年12月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース