90s

牛乳リバースや泥酔も 安田顕が『水曜どうでしょう』で残した伝説

       
昨日、『下町ロケット』が最終回を迎えた。豪華な出演者陣でも話題になったが、特に佃製作所の技術部長役を演じた安田顕の演技は多くの人の印象に残った。
しかし、この安田さん、最近ではドラマでの好演が光っているが、かつては人気番組『水曜どうでしょう』で大泉洋らとともに、多くの笑いを視聴者に生んでいた。

【伝説的番組・『水曜どうでしょう』】


『水曜どうでしょう』は元々、北海道のローカル番組に過ぎなかった。しかし、大泉洋や彼の事務所社長でもある鈴井貴之(通称:ミスター)、ディレクター(藤村D)らとの掛け合いがウケ、爆発的な人気に。その人気は北海道にとどまらず、全国各地で今も再放送されているほどだ。

安田さんは準レギュラー的扱いであり、毎週出演していたわけではない。しかし、出演した時のインパクトは絶大であった。

【安田顕の「牛乳リバース事件」】


まず、『水曜どうでしょう』での安田さんを語る上で欠かせないのが、この「牛乳リバース事件」
事件が起きたのは、岩手県にある小岩井農場にて「対決列島」という企画を行っていた時。この対決がはチーム戦であり、大泉・ミスターチームと藤村D・安田チームに別れていた。

ビンの牛乳の早飲みで勝負したのだが、安田さんの特技が「牛乳の早飲み」だったことからハンデ戦に。
早食いが得意な藤村Dがハンデをものともせず、牛乳1本差の状態で安田さんにバトンタッチ。バントを受けた安田さんは1本2秒程度という驚異のペースで飲み、あっという間に大泉・ミスターチームをリードする展開になった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。