90s

突然の引退 90年代の大ヒットドラマを支えた桜井幸子



高校教師の後も


桜井幸子はその後も『人間・失格』や『未成年』など、代表的な野島伸司脚本のドラマに出演し続けた。野島作品では薄幸な役ばかりであったが、『いつかまた逢える』では福山雅治の初恋の相手役を演じていたり、『レッツゴー永田町』ではコメディも演じていたりと役の振り幅が広い女優だった。

突然の引退


しかし2009年、突如として公式サイトで引退発表。「十数回海外の仕事を頂き、また、数回の海外留学の経験をさせていただきました。これらの経験が契機となり、数年間考えた末に今回の決断に到りました」と理由を書いていた。
引退後の桜井は公の場に一切姿を見せていないが、ある週刊誌の報道では、現在は海外へ移住したとのこと。

90年代をあっという間に駆け抜けた桜井幸子は、突如として表舞台を降りた。90年代の芸能界を爽やかながらも陰のある女優として、一時代を築いた彼女はどんな風に考えていたのだろうか。彼女が残した演技を見ることで、それが垣間見えるかもしれない。

(篁五郎)

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。