90s

まるで今のSMAP? 政界で起きた「加藤の乱」

まるで今のSMAP? 政界で起きた「加藤の乱」
今年に入ってからというもの、SMAP解散か? と世間は大騒ぎになった。結局、解散の話は流れ、『SMAP×SMAP』でメンバー全員による謝罪が行われたのだが、これがまたもや騒動に。
いつも5人の真ん中に立ち、仕切り役である中居正広が端に追いやられ、木村拓哉がなぜか中心で仕切るという展開。さらにはジャニーズ事務所に残ると唯一宣言したとされる木村のみが白いネクタイで、独立を目指した残りのメンバー4人は黒いネクタイであった。
この会見では、クーデターに失敗した4人と独立を阻止した"英雄"という構図がはっきり見えたようにも感じた。

さて、政治の世界でも同じようにクーデターを起こそうとしたが、未然に防がれてグダグダに終わってしまったケースがある。
それは2000年11月、森内閣打倒を目指して自由民主党の加藤紘一・山崎拓などが起こした一連の倒閣運動であり、「加藤の乱」と呼ばれている。

【「加藤の乱」を起こした理由】


加藤紘一と山崎拓は総裁候補として順調な道を歩んでいた。しかし、1999年に自民党総裁選挙に出馬したことで小渕恵三の怒りを買って、徹底的に干されてしまう。
その後、小渕は首相在任中に死去。不透明な形によって、森喜朗が総理に就任したのだった。

小渕の次は間違いなく総理になるのではと目されていた加藤。森が先に総理に就任したことで大きく焦った。
しかし当時の森内閣は、森自身の不適切発言などでかなりの低支持率。そんな折に野党が提出した内閣不信任案に賛成することで、森内閣を倒そうとしたのが「加藤の乱」だ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月21日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。