bit

群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ

       
群馬県で最も人口が少ない村である上野村。95%の面積を森林が占める。隣の南牧村(なんもくむら)は日本創成会議による人口予測で、消滅する可能性のある自治体トップに選ばれている。

そんな限界集落の上野村の名産品にイノブタがある。イノブタとは雄のイノシシと雌のブタ(デュロック種)を掛け合わせた動物だ。どんな味がするのか確かめるため、上野村まで行ってみた。

雪の残る上野村へ行く


上野村の窓口である上信電鉄上信線の下仁田駅。関東の駅100選にも選ばれており、昭和レトロ感漂う場所だ。

群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ


下仁田駅から上野村に向かう途中にある隣村南牧村(なんもくむら)。

群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ

群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ


3キロメートルほどの通称・塩の沢トンネル(ふるさと林道湯の沢線)をくぐり抜けると上野村に到着する。

群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ


上野村は95%が森林のため、林業も盛んである。

群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ


群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ


イノブタは上野村の山奥で飼育しており、一般向けには公開していないという。イノブタはストレスに弱く、気性が激しいため生産が非常に大変で、上野村での生産量は年間260頭ほどのため貴重だ。 豚肉に比べてタンパク質や鉄分が多く、脂身が半分のためダイエット中の人にもよさそうだ。食べ方は「いの豚ロースの十石味噌仕立て鍋」「ベーコン」「猪豚カレー」と、お好みでさまざま。

こちらは、「いの豚ロースの十石味噌仕立て鍋」だ。
群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ


この脂身の少なさが伝わるであろうか。後味もすっきりしており、いくらでもおかわりしたくなるウマさ。出汁の出たスープも飲み干してしまった。
群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ


こちらは「猪豚ベーコンと野菜のパン粉焼き」。カリカリのパン粉や野菜も味わい深かった。
群馬県一人口の少ない「上野村」で味わう猪豚のウマさ

(松岡佑季)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。