review

高座シーンをアニメーションで描く凄み「昭和元禄落語心中」

ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんの対談。今回はTVアニメ版が放送されている『昭和元禄落語心中』について語り合います。

そこに人がいるわけではないアニメで再現


高座シーンをアニメーションで描く凄み「昭和元禄落語心中」

飯田 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』は、刑務所帰りの元ヤクザの与太郎が、昭和最後の大名人である落語家・八雲に押しかけて弟子入り。そこには八雲のライバル助六の娘・小夏がいた……てな導入なんですが、実質主人公は師匠の八雲のほうですね。師匠の回想が長い長い。

藤田 多少ネタバレしてしまいますが、師匠である八雲と、ライバルの助六の過去に、話が飛ぶんですよね。

飯田 タイトルが「昭和元禄」(ほぼ昭和40年代)の心中の話なので、そりゃそうなんだけども。現代に時代が近い与太郎の話よりも、昭和の名人である八雲のほうがメイン。

藤田 ぼくは2016年1月から放映されているTVアニメ版しか観ていないし、落語についての知識は皆無に近いのですが、非常に面白く観ています。まず、舞台の緊張感が尋常ではない。うまい噺と下手な噺を演技で分ける声優さんたちの力量も凄いし、絵のつなぎ方などの視覚的な表現も野心的。落語の「中」で喋っている「人物」を描き分けるときに、同じ方向からのカメラで、(喋っている)「キャラ」の位置が移動する、とか、なかなかやらない繋ぎに驚きました。
 録音とかミキシングとかのレベルでも、色々と工夫していますよね、多分。声が空間に響くだけではなくて、左右に音自体を振ったりとかしていなかったかな、噺のシーンでは。そういう工夫で、落語の舞台をかなり長く「アニメで描く」っていう難易度の高い課題が成功していた。それに、本当にびっくりした

あわせて読みたい

  • 『亜人』は世界を狙える3DCG

    『亜人』は世界を狙える3DCG

  • 劇場版ガルパンの圧倒的迫力

    劇場版ガルパンの圧倒的迫力

  • 自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか

    自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか

  • セーラー服とは卒業するものだ「キルラキル」最襲回

    セーラー服とは卒業するものだ「キルラキル」最襲回

  • レビューの記事をもっと見る 2016年2月1日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。