review

「ちかえもん」は悲しくてやりきれないコメディか

しかし万吉にはどうやら十カ条のいずれも当てはまらない。そこをどないかしてくれと問い詰められ、近松は投げやりに「イモリの黒焼きにでも頼れ」と答える。イモリの黒焼きは惚れ薬、飲ませれば最初に見た相手を好きになると教えこまれ、万吉さっそく外へ飛び出す。考えたらいまは冬、イモリも冬眠して見つけるのは至難のはずが、そこは彼のこと、前回のサバと同じくどこからか手に入れてくる。

こうしてできあがった惚れ薬。しかし近松、おのれで勧めておきながら、ここへ来て「男やったら正々堂々とお初を惚れさせてみい!」と万吉を説き伏せる。それでもお初の笑顔を見たい万吉が代わりにプレゼントしたのが、自分の売ってる不孝糖。彼女には特別、新たにつくったゴマ入りの不孝糖を舐めさせたのだが、どういう手違いかゴマではなく惚れ薬が入っていた! とわかったところで今回のクライマックス。

万吉がお初の前に立ち塞がったときにはすでに遅く、彼女の視線の先には、天満屋に逗留していた平野屋の放蕩息子の徳兵衛(小池徹平)が……って、このあと近松が書くはずの名作『曾根崎心中』のモデルとなった2人がまさかこんな出会い方をしていようとは! 期せずしてとはいえ、結果的に近松が2人を結びつけてしまうという何ともマッチポンプな展開に。まったく大胆な解釈に「ええええっ!?」と驚かされたところで、物語は今夜放送の第3回へ続く。

今夜放送の第3回には赤穂浪士も登場!?

...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2016年1月28日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース