review

「おそ松さん」イヤミのお笑い学校がガチ過ぎた件

「バラエティの真似事をする小手先野郎は一番腹が立つ!」
「守るものが何もないのに守ろうとするな!」
「好きなことやるために売れろ!」

お笑い志望の若者を叱りつけるこのセリフ。本当は語尾に全て「ザンス」が付く。アニメ『おそ松さん』第20話の「イヤミの学校」。イヤミが校長を務めるお笑い学校がガチだったのだ。
「おそ松さん」イヤミのお笑い学校がガチ過ぎた件
「おそ松さん 第3松」DVD/エイベックス・ピクチャーズ

お笑い志望の素人6パターン


「イヤミの学校」は、イヤミとチビ太が開く「イヤミのお笑い学校」におそ松さんたち6人が「お笑いやりにきました〜」と入ってくる。「いつデビューできるんだ?」「テレビいつ出んの?」とすっかりなめた態度。彼らの自己紹介はこんな感じだった。

おそ松「クラスでは常に笑いとってましたー」
カラ松「俳優業では運に恵まれなくてな……サインいるか?」
チョロ松「ツッコミには定評あり。あとMCと裏回しもいけまーす」
一松「俺の笑いに客がついてこれるか……ふっ、それだけが心配」
十四松「個性?ロジック?なにそれ?テンション!テンション!」
トド松「芸人とは呼ばないで。僕、もっとポップな感じでいくから〜」

いつもの6人のキャラだけど、よく見ると6人それぞれのキャラを活かしたまま「お笑い志望にありがちな素人6パターン」を作り上げているのがわかる。クラスの人気者時代を引きずっている人、ロジックを軽視してシュール一本で行こうとする人、モテることだけ考えている人、自分の笑いに絶対の自信がある人……。

この6人を校長のイヤミが「こういう仕事を舐めたクソ素人のメンタルは、早めにつぶしておくザンス」と、一人一人論破していく。ギャグで済ませるかと思いきや、プロ目線の正面突破で。

あわせて読みたい

  • 興奮!赤塚不二夫とタモリの妖しい関係

    興奮!赤塚不二夫とタモリの妖しい関係

  • 漫画家が自ら片腕を切り落とす行為とは

    漫画家が自ら片腕を切り落とす行為とは

  • ウルトラすばらしい「ワンパンマン」

    ウルトラすばらしい「ワンパンマン」

  • レビューの記事をもっと見る 2016年2月24日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース