review

桑田佳祐が還暦。太陽族からサザンに続いた湘南の殺風景

サザンオールスターズの桑田佳祐がこの2月26日で還暦を迎えた。これにあわせてスペシャルサイトも開設されている。
桑田佳祐が還暦。太陽族からサザンに続いた湘南の殺風景
石原慎太郎の同名小説を原作とする映画「太陽の季節」は1956年5月公開。これと前後して湘南の地に太陽族と桑田佳祐が誕生し、今年還暦を迎える

桑田佳祐と長門裕之がそっくりなのは必然だった?


桑田佳祐が生まれ育ったのは、彼の曲にも何度となく登場している神奈川県茅ヶ崎市だ。茅ヶ崎は、三浦半島の付け根の西側にあたる葉山・逗子・鎌倉から西へ小田原にいたる相模湾の沿岸地域、いわゆる湘南に属する。この地域は明治時代に東海道線が開通して以来、温暖な気候から東京・横浜の人たちの別荘地・療養地・海水浴場、また住宅地として開発されてきた。

桑田の生まれる前月、1956年1月にはその湘南を舞台とした一編の小説が芥川賞を受賞している。当時23歳の一橋大学の学生だった石原慎太郎の『太陽の季節』だ。そこに登場する若者たちが自動車やヨットを乗り回し、異性と奔放な関係を結ぶさまは、当時の日本人に大きな衝撃を与えた。「太陽族」なる言葉も派生し、この年5月の『太陽の季節』が映画化(古川卓巳監督)されたこともあいまって、青少年への影響(とくに悪い面での)が取り沙汰される。この映画で慎太郎の弟・裕次郎が俳優デビューしたことはよく知られる。もっとも、主演は彼ではなく、長門裕之だった。

その長門と桑田は似ているとかねがね言われてきた。演出家の久世光彦など、長門と桑田による父子ヤクザのホームドラマを企画したことがあるらしい(久世光彦・森繁久彌『今さらながら 大遺言書』

あわせて読みたい

  • 三島由紀夫ボディビル仲間募集中

    三島由紀夫ボディビル仲間募集中

  • 『東京を弄んだ男「空疎な小皇帝」石原慎太郎』緊急出版!

    『東京を弄んだ男「空疎な小皇帝」石原慎太郎』緊急出版!

  • 石原はなぜ負けた?「理由はひとつ、彼が石原慎太郎であったことだ」東京都知事選三大名勝負

    石原はなぜ負けた?「理由はひとつ、彼が石原慎太郎であったことだ」東京都知事選三大名勝負

  • 明石家さんま「60歳で引退」発言の真意

    明石家さんま「60歳で引退」発言の真意

  • レビューの記事をもっと見る 2016年2月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース