90s

ゴルフ続けて猛バッシング 首相に問われた危機管理意識

ゴルフ続けて猛バッシング 首相に問われた危機管理意識
イメージ画像は「えひめ丸事件」(ピーター アーリンダー著/新日本出版社より)※本文とは関係ありません
先月10日は「海の安全祈念日」だ。いまから約15年前、ハワイ・オアフ島沖で起きた船と原子力潜水艦の衝突事故、えひめ丸衝突事故をきっかけに制定された。高校の実習船にアメリカの原子力潜水艦が衝突したというニュースによって、当時の内閣総理大臣である森喜朗氏は、危機管理を問われ辞任せざるを得ない状況に追い込まれてしまう。世論を大きく動かしたえひめ丸の事故とは? 当時の事故についてあらためて見てみよう。

えひめ丸衝突事故の概要は?


そもそも「えひめ丸」というのは、愛媛県の県立宇和島水産高等学校の実習船のことである。ちなみに、初代のえひめ丸が登場したのは1957年。当時は愛媛丸というように名前が漢字だった。2001年にオアフ島沖でアメリカの原子力潜水艦との衝突事故にあったのはえひめ丸の4代目である。

さて、事故の概要はこうだ。
衝突事故が起きたのは2001年2月10日(日本時間)。現場は、ハワイのオアフ島沖。高校の実習船えひめ丸にアメリカの原子力潜水艦が衝突したのだ。アメリカの米海軍原子力潜水艦「グリーンビル」が突然浮上したことが要因である。えひめ丸は巨大な原子力潜水艦に衝突されたため、沈没してしまった。

事故当時、実習船のえひめ丸に乗っていたのは35名。衝突事故発生によって、多くの乗船者は船外に投げ出されたが、9名が船内に取り残された。取り残された9名のうちの5人は教員、4人は生徒だった。この9人は事故により死亡、そして、そのうち8人が、後の捜索によって発見された。また事故によって船外に投げ出された26名は、骨折や軽傷を負った者はいるが、無事、救出された。事故後、アメリカ側は事故の責任を全面的に認め、日本へ謝罪しているが、潜水艦の艦長が軍法会議にかけられることはなく、詳細について明らかになっていない点が多数ある。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ゴルフ続けて猛バッシング 首相に問われた危機管理意識」の みんなの反応 1
  • 勇気 通報

    この時ゴルフを共にしていた相手が現役のヤクザだったのには驚いたが 当時のメディアは報じなかったようだが なんで?

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月24日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。