90s

東京・原宿の「橋」といえば…ヴィジュアル系ファンの“聖地”だった

1990年代といえば、ヴィジュアル系バンドの黄金期だ。「X JAPAN」や「LUNA SEA」、「MALICE MIZER」「SHAZNA」「PIERROT」「Dir en grey(現在はDIR EN GREY表記)」といったバンドが人気を博し、独特なメイクとファッションで音楽を楽しむ文化が広がっていった。

この時代、ヴィジュアル系バンドのファンがこぞって集った原宿・神宮橋を振り返ってみよう。

コスプレ文化が広まった90年代後半


ヴィジュアル系文化の広がりを受けて、「コスプレ族」と呼ばれる一部のファンが登場しはじめたのは1990年代後半ごろだった。

当時のヴィジュアル系といえば、ド派手なカラーのヘアスタイルに、奇抜で中性的なメイク、そしてバンドや楽曲の世界観を表現した個性的な衣装が目新しく、世間の注目を集めた。

もちろん、すぐれた音楽性があるバンドも多々あった。しかし、世の中が注目したのが「ヴィジュアル」のインパクトであったことは否めず、バンドの側もまたインパクト合戦のような様相を呈していたのだった。

こうした状況で、ファンの間ではメンバーを模倣してコスプレをする者が現れ、「コスプレ族」などと呼ばれて話題を呼んだ。コスプレをしてライブやイベントに参加したり、街中で交流をするファンが増えたことで、ファンの間でよく知られた有名コスプレイヤーも登場。コスプレの完成度の高さや、容姿の美しさなどがポイントだった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク